活用提案

上部アタッチメントの工夫やシステム連携など
KeiganALIのさまざまな使い方をご紹介します。

アイディア次第で使い方広がる

上部アタッチメントを⼯夫したり、GPIO出力やAPIによる連携で、さまざまな場所のさまざまなシーンでお使いいただけます。 *上部アタッチメントはお客様で製作いただくか、当社のアタッチメントオプションをご利用いただくこともできます。

KeiganALI本体 上部アタッチメント, 機器取り付け, GPIO連携, API連携
  • 製造・工場 | 工程間搬送

    リフターGPIO出力

    GPIOポートを活用すれば、KeiganALIと上部アタッチメントの連携が可能です。例えば、リフターとKeiganALIの動作を連携することで、コンテナの受け取りと棚への収納を自動化することができます。

  • 物流倉庫 | ピッキング作業・工程間搬送

    ピッキング用カート

    用途に合わせてカスタマイズしたピッキングカートを使用することで、ピッキング作業や搬送の効率化ができます。

  • レストラン | 配膳

    配膳ワゴン

    配膳ワゴンを取り付ければ、食事の配膳や使用済み食器の片付けを自動化することができます。さらに免振対応を取り入れたワゴンを使えば、汁物も運べます。

    ※アタッチメントの仕様や使用する状況によります。

  • 製造ライン | ロボットとの協働作業

    API連携

    APIを公開しているため、さまざまなシステムとの連携が可能です。製造ラインでの協働ロボットと連携すれば、部品の搬送とピッキング作業などを自動化することができます。

  • 卸・小売り | 在庫管理

    RFIDリーダー

    上部アタッチメントとしてRFIDリーダーを取り付けることで、倉庫内の荷物の在庫管理を自動化することができます。

  • 施設 | 見回り

    カメラ警報機

    上部アタッチメントとしてカメラや警報器を取り付ければ、施設内に見回りロボットとして活用することができます。

お気軽にお問い合わせください。

KeiganALIは株式会社Keiganの製品です。
住友重機械グループが販売しています。

株式会社Keigan 会社Webサイト

このサイトをシェアする