TOP > 製品一覧 > AFモータ
製作範囲


非防爆形AFモータ


■AFモータ製作範囲(○製作可能、△都度照会)
kw
モータ
仕様
製作範囲
(4P)
(6P)
枠番号
絶縁
出力基底周波数
トルク
特性
保護
形式
始動
トルク
脚付
JEM
フランジ
サイクロ
直結
屋外
ブレーキ付
PG付
TG付

スリット
センサー付

0.1
FA-63S
B
60Hz
1:10










 





150%
以上
(200%
以上)
インバータ駆動用三相モータ AFモータ
0.2
FA-63M
0.4
FA-71M
0.75
FA-80M
1.5
FA-90L
2.2
FA-100L
3.7
FA-112L
5.5
2.2
FA-132S
7.5
3.7
FA-132M
5.5
G-160M
11
7.5
G-160L
15
11
F-180MG
22
15
F-180L
F
30
22
BF-200L






37
30
45
37
BF-225S
55
45
BF-250M
75
55
注1) インバータ出力基底周波数は、60Hz専用となります。50Hzは特殊対応となりますので、ご照会ください。
注2) FA-63S-F-180L...全閉外扇形
   BF-200L-BF-250M...全閉他力通風形(軸流ファン付)‥‥電源を準備ください。
   サーモスタット付き
注3) 始動トルクは、当社製SF320・HF320・HF430・AF3100αと組み合わせた場合の値で、( )内はセンサレス運転時の値を示し
   ます。




耐圧防爆形AFモータ

■d2G4用AFモータ製作範囲
kw
(4P)
モータ
枠番号
仕様
製作範囲
適用インバータ
極数
絶縁
基底
周波数
定トルク
範囲
最高周波数
保護形式
始動
トルク
脚付
JEM
フランジ
サイクロ
直結
屋外
機種
形式
200V級
400V級
200V級
400V級
0.2
T-71S
4
B

60Hz

3-60Hz

120

-
全閉自冷
180%
HF-
320α
HF3212-A20
-
0.4
T-80M
120
120
全閉外扇形
HF3212-A40
HF3214-A40
0.75
T90L
120
120
HF3212-A75
HF3214-A75
1.5
T-100L
120
120
HF3212-1A5
HF3214-1A5
2.2
T-112M
110
110
HF3212-2A2
HF3214-2A2
3.7
T-132MS
100
100
HF3212-3A7
HF3214-3A7
5.5
T-132M
90
90
HF430
HF4302-5A5
HF4304-5A5
7.5
T-160LS
90
90
HF4302-7A5
HF4304-7A5
11
T160L
90
90
HF4302-011
HF4304-011
15
T-200LS
80
80
HF4302-015
HF4304-015
22
T-200L
80
80
HF4302-022
HF4304-022
30
BT-200L
F
80
80
全閉
他力通風形
HF4302-030
HF4304-030
37
BT-200L
80*
80*
HF4302-037
HF4304-037
45
BT-250MS
80
80
HF4302-045
HF4304-045
55
BT-250M
80
80
HF4302-055
HF4304-055
75
BT250ML
-
80
-
-

                       *37KWは低減出力特性になります。(80Hz 34.4kW)
インバータ電源:AC200V, 50/60Hz, AC220V, 60Hz
          AC400V, 50/60Hz, AC440V, 60Hz
防爆等級:d2G4
保護等級:全閉外扇耐圧防爆
端子箱  :本体導線引込み..............耐圧パッキン式
       外部導線引込み..............電線管式、メネジ保護管式
                            オネジ保護管式
時間定格:連続(サーマル設定値は定格電流の100%に設定)


(注1 0.2kW : 全閉自冷形
 30kW以上 : 全閉他力通風形(軸流ファン付)‥‥電源を準備ください。
 軸流ファンは、3φ200V級または400V級。サーモスタットの仕様は、20頁を参照ください。)


注1) 耐圧防爆電動機をインバータで運転する場合は、インバータと電動機の組合せによる検定(産業安全技術協会の防爆検定
   )が必要です。そのため既設の耐圧防爆電動機でもインバータで運転する場合は、新たにインバータと組み合わせ検定を
   受けた電動機が必要になります。
注2) 耐圧防爆電動機とインバータを発注する場合には、次の事項も、併せて工場に連絡する必要があります。
    ○電源仕様:電圧、周波数(変動率)
    ○電動機仕様:出力容量、回転数範囲、出力特性
    ○相手機械
    ○周囲条件
注3) 防爆形インバータ制御可変電動機の表示銘板
   インバータにより可変速制御される防爆形電動機は、防爆性を保持するために、使用する制御装置(インバータ)を指定す
   る必要があり、そのた
   め、電動機本体の主銘板および防爆形電動機に付ける従来の表示すなわち「防爆型式検定合格標章」と「防爆表示銘板」
   の他に「適用可変速制御
   装置」の各事項を明記した銘板を追加表示しています。
注4) インバータの運転は、センサレス制御運転モードで検定を受けておりますので、「センサレス制御」に設定しご使用ください。
注5) インバータ本体は非防爆場所の設置となります。注意してください。


■AFモータの出力・トルク特性


○AFモータと住友インバータを、組合わせて運転した場合の総
  合出力・トルク特性カーブ



○汎用モータをインバータで運転した場合の、連続運転特性

インバータ駆動用三相モータ AFモータインバータ駆動用三相モータ AFモータ

注1)v/f 運転時での6Hz 〜 60Hz の範囲を定トルク運転する
   場合は、小容量モータの1 次抵抗による低周波数域での
   電圧 降下や、長距離配線による電圧降下を電圧ブースト
   機能によ り補償する必要あります。
注2)センサレス運転時は、自動周整ですが長距離配線時は
   取扱い説明書に したがって設置、設定確認して下さい。
注3)最高周波数は機種により異なります。

注1)汎用モータをインバータで運転した場合、下図のように低
   減トルク運転特性となります。
   また始動トルクについても、AFモータとの比較において40
   〜 60%の差が発生します。





■AFモータの許容最高回転数一覧表
4P
6P
FA-63
3600rpm
FA-71
3600
FA-80
3600
FA-90
3600
FA-100
3600
FA-112
3600
FA-132
3600
3600rpm
G-160
3600
3600
F-180
3300
3300
BF-200
3300
3300
BF-225
2800
2800
BF-250
2800
2800




■AFモータの完成モーメント・GD2
                                  単位:JM(慣性モーメント)[kg・m2]GD2m[kg・m2]

0.1kW×4P
0.2kW×4P
0.4kW×4P
0.75kW×4P
1.5kW×4P
2.2kW×4P
JM
GD2M
JM
GD2M
JM
GD2M
JM
GD2M
JM
GD2M
JM
GD2M
標準
0.00050
0.0020
0.000650
0.0026
0.00120
0.0048
0.00213
0.0085
0.00333
0.0133
0.00848
0.0339
ブレーキ付
0.00055
0.0022
0.000675
0.0027
0.00130
0.0052
0.00235
0.0094
0.00373
0.0149
0.00958
0.0383

3.7kW×4P
5.5kW×4P
7.5kW×4P
11kW×4P
15kW×4P
22kW×4P
JM
GD2M
JM
  GD2M
JM
  GD2M
JM
  GD2M
JM
GD2M
JM
  GD2M
標準
0.0114
0.0457
0.0268
0.107
0.0375
0.150
0.0898
0.359
0.2250
0.900
0.2500
1.000
ブレーキ付
0.0125
0.0501
0.0303
0.121
0.0410
0.164
0.1070
0.428
0.2430
0.972
0.2620
1.048

30kW×4P
37kW×4P
45kW×4P
55kW×4P
75kW×4P
JM
GD2M
JM
GD2M
JM
GD2M
JM
GD2M
JM
GD2M
標準
0.2825
1.130
0.3175
1.270
0.6125
2.450
0.7575
3.030
0.8975
3.590
ブレーキ付
0.2960
1.184
0.3310
1.324
-
-
-
-
-
-