TOP > 製品一覧 > SF-520
周辺機器

力率改善用・高調波抑制用 DC リアクトル



インバータの力率改善および電源ラインのインピーダンス確保と高調波抑制にDCリアクトルが用意されています。

(注): 200V 級の3.7kW 以下のインバータにおいて本カタログ掲載の直流(DC)リアクトルまたは、
交流(AC)リアクトルを接続することにより、社団法人日本電機工業会で定められた
「汎用インバータ(入力電流20A 以下)の高調波抑制対策実施要領」に適合します。
  適用
容量
(kW)
仕様 品番
Y220DA
W W1 D D1 D2 接続端子 質量
(kg)
絶縁
電流
(A)
L
(mH)
200V
シリーズ
0.1,0.2 1.0 29.7 032 52 35 40 32 20 M4 0.3 B
0.4 2.0 14.8 033 52 35 40 32 20 M4 0.4 B
0.75 3.75 9.72 034 52 35 50 42 25 M4 0.6 B
1.5 7.5 4.83 035 74 50 45 37 - M5 1.0 B
2.2 11.0 3.41 036 74 50 45 37 - M5 1.1 B
400V
シリーズ
0.2 0.5 116 002 52 35 40 32 20 M4 0.3 B
0.4 1.0 59.3 003 52 35 40 32 20 M4 0.4 B
0.75 1.88 38.9 004 52 35 50 42 25 M4 0.6 B
1.5 3.75 19.3 005 59 40 60 47 30 M4 0.9 B
2.2 5.5 13.7 006 74 50 45 37 - M5 1.1 B

  適用
容量
(kW)
仕様 品番
Y220DA
D3 H H1 H2 G 接続端子 質量
(kg)
絶縁
電流
(A)
L
(mH)
200V
シリーズ
0.1,0.2 1.0 29.7 032 22 65 - 300 ø4 M4 0.3 B
0.4 2.0 14.8 033 22 75 - 300 ø4 M4 0.4 B
0.75 3.75 9.72 034 27 85 - 300 ø4 M4 0.6 B
1.5 7.5 4.83 035 - 120 145 - ø5 M5 1.0 B
2.2 11.0 3.41 036 - 120 145 - ø5 M5 1.1 B
400V
シリーズ
0.2 0.5 116 002 22 65 - 300 ø4 M4 0.3 B
0.4 1.0 59.3 003 22 75 - 300 ø4 M4 0.4 B
0.75 1.88 38.9 004 27 85 - 300 ø4 M4 0.6 B
1.5 3.75 19.3 005 35 100 - 300 ø4 M4 0.9 B
2.2 5.5 13.7 006 - 120 140 - ø5 M5 1.1 B


力率改善用・高調波抑制用入力側 AC リアクトル



インバータの力率改善および電源ラインのインピーダンス確保と高調波抑制にACリアクトルが用意されています。
※ AC リアクトルの仕様寸法は三相入力です。

(注): 200V 級の3.7kW 以下のインバータにおいて本カタログ掲載の直流(DC)リアクトルまたは、
交流(AC)リアクトルを接続することにより、社団法人日本電機工業会で定められた
「汎用インバータ(入力電流20A以下)の高調波抑制対策実施要領」に適合します。
  適用容量(kW) 仕様 品番
Y220CA
W D1 D2 H1 H2 質量
(kg)
絶縁
三相入力 単相入力 電流
(A)
L
(mH)
200V
シリーズ
0.1 〜 0.4 0.2 2.1 5.8 053 87 26 23 95 - 1.0 B
0.75 0.4 4.0 3.1 054 87 26 23 95 - 1.1 B
1.5 0.75 8.0 1.6 055 90 33 30 100 120 1.6 B
2.2 - 11 1.2 056 113 35 30 116 140 2.1 B
- 1.5 17 0.7 057 113 35 30 116 140 2.4 B
400V
シリーズ
0.2 〜 0.4 - 1.2 22 080 87 26 23 95 - 1.0 B
0.75 2.1 12 081 90 26 23 96 - 1.1 B
1.5 4.0 6.5 082 90 33 30 100 - 1.7 B
2.2 5.5 4.6 083 113 33 30 115 - 2.5 B

  適用容量(kW) 仕様 品番
Y220CA
A B G L T 質量
(kg)
絶縁
三相入力 単相入力 電流
(A)
L
(mH)
200V
シリーズ
0.1 〜 0.4 0.2 2.1 5.8 053 50 38 4 310 M4 1.0 B
0.75 0.4 4.0 3.1 054 50 38 4 310 M4 1.1 B
1.5 0.75 8.0 1.6 055 55 48 4 - M4 1.6 B
2.2 - 11 1.2 056 55 43 4 - M4 2.1 B
- 1.5 17 0.7 057 55 43 4 - M4 2.4 B
400V
シリーズ
0.2 〜 0.4 - 1.2 22 080 50 38 4 310 M4 1.0 B
0.75 2.1 12 081 50 38 4 310 M4 1.1 B
1.5 4.0 6.5 082 55 48 4 310 M4 1.7 B
2.2 5.5 4.6 083 55 43 4 310 M4 2.5 B



%速度指示計DCF-12NB

0 〜 100%、50 区分

品番 仕様
X525AA048 10V F.S.




交流電流計 ACF-12NB

インバータ2 次側電流値をCT により直接検出します。


注1)10 〜 30A の場合、計器ターミナルネジはM5 となります。




交流電流計(ACF-12NB)および変流器(CT)組合せ表

モータ
容量
(kW)
200V クラス
品番 メータ CT 形式 一次
貫通数
定格電流
[A]
最大目盛
[A]
0.1,0.2 X525AA078 3 3 COMA-15 5/5A -
0.4 X525AA079 5 5 COMA-15 5/5A -
0.75 X525AA080 5 10 COMA-15 10/5A -
1.5 X525AA081 5 15 COMA-15 15/5A -
2.2 X525AA082 5 20 COMA-15 20/5A -

モータ
容量
(kW)
400V クラス
品番 メータ CT 形式 一次
貫通数
定格電流
[A]
最大目盛
[A]
0.1,0.2 X525AA077 2 2 COMA-15 5/5A -
0.4 X525AA078 3 3 COMA-15 5/5A -
0.75 X525AA079 5 5 COMA-15 5/5A -
1.5 X525AA080 5 10 COMA-15 10/5A -
2.2 X525AA080 5 10 COMA-15 10/5A -
変流器(CT)構造  COMA-15 形  一次巻線付全モールド変流器
変流器(CT)はインバータ出力側に取り付けてください。


ノイズフィルタ

三相200V 級

適用モータ
(kW)
入力側 出力側
形式 品番 形式 品番
0.1 〜 0.4 NF3010A-VZ X480AC289 CC3005C-P X480AC163
0.75 〜 1.5 CC3010C-P X480AC164
2.2 NF3020A-VZ X480AC290 CC3015C-P X480AC165


三相400V 級

適用モータ
(kW)
入力側 出力側
形式 品番 形式 品番
0.2 〜 1.5 NF3010C-VZ X480AC296 CC3005C-P X480AC163
2.2 CC3010C-P X480AC164


単相200V 級

適用モータ
(kW)
入力側 出力側
形式 品番 形式 品番
0.2 〜 0.4 NF3010A-VZ X480AC289 CC3005C-P X480AC163
0.75 CC3010C-P X480AC164
1.5 NF3020A-VZ X480AC290 CC3015C-P X480AC165


入力側ノイズフィルタ

入力側 寸法(単位mm)
形  式 A B C D E F G H J K L
X480AC289 128 118 108 63 43 42 1.0 R4.5
長さ 6
ø4.5 M4 M4
X480AC290
X480AC296


出力側ノイズフィルタ


入力側 寸法(単位mm)
形  式 A B C D E F G H J K L M
CC3005C-P 147 140 125 110 95 70 50 50 25 ø4.5 M4 R2.25 長さ 6
CC3010C-P
CC3015C-P


(1) 入力側フィルタは電源とインバータ入力端子の間に出力側フィルタはインバータ出力端子とモータの間に
接続してください。このときインバータとフィルタの接続線は極力短く配線してください。
(2) アース線は出来るだけ太く短くし、接地(アース)を確実に行ってください。
(3) フィルタの入出力線は近接しないようにしてください。
(4) 入力側フィルタはインバータ出力(モータ)側には絶対に接続しないでください。




零相リアクトル(誘導性フィルタ)

200V. 400V 級、入出力側共通

0.1〜2.2kW

品番 X480AC188
形式 RC5078




接続方法
(1) インバータの入力(電源)側および出力(モータ)側の両方に使用することができます。
(2) 入力または出力側の電線を三相とも同一方向で3 回(4ターン)以上巻き付けてください。
(3) 電線とコアの内側の隙間はできるだけ小さくしてください。

AM ラジオに雑音が入る場合の対策

1. 雑音レベルが大きい場合

下記@〜Fの順に、可能な項目から対策を実施してください。
各対策の併用により効果があります。



対策方法

@ キャリア周波数を可能な範囲で低くする。
A インバータの出力側に零相リアクトルを設置する。
(形式:RC5078)
B インバータの入力側にノイズフィルタを設置する。
(形式:NF3 □□□□− VZ)
C インバータとモータ間の配線を金属管またはシールドケーブルとする。
D モータの動力線を4 芯ケーブルとし、1 本をアース線として使用する。
E 電源配線を金属管またはシールドケーブルとする。
F 電源に絶縁トランスまたはノイズカットトランスを設置する。
□□□□はインバータ容量、電圧により異なる。


A零相リアクトルとBノイズフィルタの接続方法


(注) 零相リアクトルは全相を同じ方向に同じ回数巻き付ける。3 回(4T)以上。
電線が太いなど、巻き付けることが困難な場合は個数を増やす。


2. 雑音レベルが小さい場合

下記@〜Aの順に、可能な項目から対策を実施してください。
各対策の併用により効果があります。

対策方法

@ キャリア周波数を可能な範囲で低くする。
A インバータの出力側に零相リアクトルを設置する。
(形式:RC5078)
B インバータの入力側に零相リアクトルを設置する。
(形式:RC5078)
C インバータの入力側に容量性フィルタを設置する。
(形式:3XYHB-105104)
D 電源配線を金属管またはシールドケーブルとする。
E モータの動力線を4 芯ケーブルとし、1 本をアース線として使用する。

AB零相リアクトルとC容量性フィルタの接続方法



(注) 零相リアクトルは全相を同じ方向に同じ回数巻き付ける。3 回(4T)以上。
電線が太いなど、巻き付けることが困難な場合は個数を増やす。