TOP > 製品一覧 > SF-520
標準仕様・共通仕様

標準仕様

項  目
内   容
入力電圧クラス
三相200V/三相400V/単相200V 注1)
適用モータ出力(kW)
0.1
0.2
0.4



入力電圧クラス
形 式

SF520□-□□□( □には英数字が入ります。)

三相200V
SF5202-
A10
A20
A40
三相400V
SF5204-
単相200V
SF520S-

容量(kVA)

 注2)

200Vクラス
0.3
0.6
1.1
400Vクラス
0.9
1.4

定格出力電流 (A)   

注3)

三相200V入力
0.8
1.6
3.0
三相400V入力
1.2
1.8
単相200V入力
1.6
3.0
出力電圧 注4)
三相 200V〜240V(200Vクラス)/三相380〜480V(400Vクラス)
過負荷電流定格
150% 1分間(反限時特性)

電圧・周波数
三相200V
三相 200V〜240V 50/60Hz
三相400V
三相 380V〜480V 50/60Hz
単相200V
単相 200V〜240V 50/60Hz
許容変動
電圧+10%、-15% 注)5 周波数±5%
保護構造
閉鎖形 IP20
冷却方式
三相200V
自冷
三相400V
自冷
単相200V
自冷

項  目
内   容
入力電圧クラス
三相200V/三相400V/単相200V 注1)
適用モータ出力(kW)
0.75
1.5
2.2



入力電圧クラス
形 式

SF520□-□□□( □には英数字が入ります。)

三相200V
SF5202-
A75
1A5
2A2
三相400V
SF5204-
単相200V
SF520S-

容量(kVA)

 注2)

200Vクラス
1.9
3.0
4.2
400Vクラス
2.6
3.7
4.2

定格出力電流 (A)   

注3)

三相200V入力
5.0
8.0
11.0
三相400V入力
3.4
4.8
5.5
単相200V入力
5.0
8.0
出力電圧 注4)
三相 200V〜240V(200Vクラス)/三相380〜480V(400Vクラス)
過負荷電流定格
150% 1分間(反限時特性)

電圧・周波数
三相200V
三相 200V〜240V 50/60Hz
三相400V
三相 380V〜480V 50/60Hz
単相200V
単相 200V〜240V 50/60Hz
許容変動
電圧+10%、-15% 注)5 周波数±5%
保護構造
冷却ファン付き
冷却方式
三相200V
自冷
三相400V
自冷
冷却ファン付き
単相200V
自冷
冷却ファン付き

注) 1. 単相電源入力のインバータは、出力が三相出力となります。単相モータは、使用できません。
  2. 定格出力容量は、出力電圧が220V/440Vの場合を示します。
  3. PWMキャリア周波数が8kHz(三相200V 0.1〜0.4 kWは、10kHz)の場合の値です。
    キャリア周波数を上げる場合は、電流低減が必要です。
    なお、PWMキャリア周波数の標準出荷時設定は5kHzです。
  4. 最大出力電圧は、入力電源電圧と同じになります。
  5. 連続使用(100%負荷)時は、±10%となります。


共通仕様

項   目 内   容



制御方式
V/f制御方式(自動トルクブースト機能)
周波数制御範囲
0.01〜400Hz
周波数精度
(温度変動)
デジタル入力:最高出力周波数の±0.01%以内(−10〜+50℃)
アナログ入力:最高出力周波数の±0.1%以内(25±10℃)
周波数設定分解能
デジタル入力:0.01Hz
アナログ入力:最高出力周波数の1/1000
出力周波数分解能
(演算分解能)
最高出力周波数に対して20 bitの分解能
周波数設定信号
主速周波数指令:DC0〜10V(20kΩ)、電流入力 4〜20mA(250Ω)、0〜20mA(250Ω)
加減速時間
0.00〜6000秒、加減速時間(加速・減速を個別に設定:2種類切換え可能)
加減速時間
0.0〜6000秒、(加速・減速を個別に設定:4種類切換え可能)
制動トルク
@短時間平均減速トルク
注)1: モータ容量 0.1/0.2kW :150%以上、モータ容量0.4/0.75kW:100%以上
   モータ容量 1.5kW :50%以上、モータ容量2.2kW:20%以上
A連続回生トルク:約20%「制動抵抗器(オプション)接続で約100%、10%ED」注)2
電圧/周波数特性
任意プログラム、V/fパターン設定可能
主な制御機能
瞬時停電再始動、速度サーチ、9段速運転(最大)、加減速時間切替、S字加減速、
3ワイヤシーケンス、冷却ファンON/OFF機能、スリップ
補正、トルク補償、周波数ジャンプ、周波数指令上下限設定、始動時・停止時直流制動、
過励磁制動、異常リトライなど
PWMキャリア周波数
2〜15kHzで調整可能(標準出荷設定:5kHz)




モータ保護
出力電流により、モータの過熱を保護
  瞬時過電流保護
定格出力電流の200%以上で停止
  過負荷保護
定格出力電流の150%60秒で停止 注)3
  過電圧保護
200Vクラス:主回路直流電圧が約410V以上で停止
 
400Vクラス:主回路直流電圧が約820V以上で停止
(電源電圧が400V未満の場合は約740V)
  低電圧保護
主回路直流電圧が以下の値を下回った場合に停止
三相200Vクラス:約190V、三相400Vクラス:約380V、単相200Vクラス:約160V
  瞬時停電保護
約15ms以上で停止(出荷時設定)
  ヒートシンク過熱保護
サーミスタによる保護
  ストール防止
加速中、運転中 :あり/なしの選択、パラメータにより個別に動作電流レベルの設定が可能
減速中 :あり/なしの選択
  地絡保護
電子回路による保護
  充電中表示
主回路直流電圧が約50V以下になるまでチャージランプが点灯

設置場所
屋内、直射日光や腐食性、爆発性ガスのないこと
周囲温度
-10〜+50℃(盤内取付形:IP20)
保存温度
-20〜+60℃(輸送期間などの短期間温度)
相対湿度
95%RH以下(ただし結露しないこと)
標高
標高1000m以下
振動
9.8m/s2以下(10〜20Hz未満)、5.9m/s2以下(20〜55Hz)


注) 1. 短時間平均トルクは、モータ単体で60Hzより最短で減速した時の減速トルクです。
  2. 制動抵抗器を接続する場合は、L3−04(減速中ストール防止機能選択)を0(無効)に設定してください。
  3. 出力周波数6Hz未満では、定格出力電流の150%60秒以内でも、過負荷保護動作が動作する場合が
    あります。