TOP > 製品一覧 > HF-430
用語説明
センサレス制御・・・・・・・・ センサ(速度フィードバック制御の為のPG 等)を用いずに、モータのベクトル
制御を行う制御法です。センサレス制御は、V /F 制御に比べ、低周波数
領域から高周波数領域までのモータ速度精度およびトルク特性が改善されます。モータ定数をパラメータとしてモータを制御します。
V/F制御・・・・・・・・・・・・・・ モータに対してV /F (電圧/周波数)を一定に保つ制御です。モータの磁束
の安定化を図るセンサレス制御に比べてモータ速度精度、トルク特性が劣ります。
インバータ1 台に対して、モータ複数台を接続したマルチ運転が可能です。
トルクブースト・・・・・・・・・・ V/F制御において、モータ内部の電圧降下により、出力トルクが損なわれる
のを補償する方法です。
センサレス制御では、負荷に応じて自動的にトルクブーストが調整されます
のでブースト値設定は不要です。
オートチューニング・・・・・・・ センサレス制御において、必要なモータ定数をインバータが自動計測し記憶
する機能です。弊社製モータ定数は、既にインバータに設定されているため、
適用モータの選択をするだけでオートチューニングの必要がありません。
(配線長が長い場合は、配線抵抗のチューニングを行ってください。)
基底周波数・・・・・・・・・・・・ 定トルク特性領域と定出力特性の境界点となる周波数です。
通常は50 Hz 又は60 Hz をさします。インバータ用モータによる運転では
一般的に60Hzをさします。
ストール防止・・・・・・・・・・・ 加速時間が短く負荷が重いとき等で出力電流が増加した場合でも、ストール
(モータ失速)や過電流異常が起こらないように出力周波数を制御する機能
です。この動作や過電流異常が起こった場合は、モータやインバータの容量
を再検討する必要があります。特に機械系の慣性モーメントの大きいものは
注意が必要です。
電子サーマル・・・・・・・・・・ モータ過負荷保護用サーマルリレーと同じ機能をインバータに内蔵したもの
です。高周波による影響を受けないためサーマルリレーよりも正確な保護が
できます。但し、インバータ1台にモータ複数台を接続する場合は、モータ
個々にサーマルリレーを取り付けてください。但しモータ周囲温度の条件が
含まれていないため多少サーマルリレーと動作特性が異なります。