TOP > 製品一覧 > HF-430
操作
 
■ デジタルオペレータの操作説明
HF -430 シリーズは、本体標準装備のデジタルオペレータより操作します。
1.デジタルオペレータの各部の名称と内容
名称 内容
モニタ部 周波数、出力電流や設定値等の表示。
運転中ランップ インバータが運転中に点灯。
プログラムランップ モニタ部で、各機能の設定値を表示している時に点灯。
ワーニング中(設定値が不備の時)には点滅。
POWERランップ 制御回路の電源ランップ。
異常表示ランップ インバータがトリップした時に点灯する警告ランップ。
モニタランップ モニタ部の表示状況を、表示するランップ。
Hz:周波数 V:電圧 A:電流 kW:電力 %:割合
運転指令表示ランップ 運転指令選択(A002)が、オペレータ(02)に設定されている時に点灯。
運転指令キー モータを運転させる時のキー。但し、運転指令選択(A002)がオペレータ(02)
のみ有効。(運転指令表示ランップが、点灯している事を確認してください。)
停止/リセットキー モータを停止する時、または異常をリセットする時のキー。
機能(ファンクション)キー モニタモード、基本設定モード、拡張機能モード、機能モードに入るキー。
記憶(ストア)キー 設定した値を記憶するキー。(設定値を変更する場合に、必ず押してください。)
アップ/ダウンキー 拡張機能モード、機能モードや設定値を変更する為のキー。
 
■ リモートオペレータ
■寸法図
●OS-41
 
●OS-40 OS-42 ●ICS-1、3(OS-40、41、42用ケーブル)
 
■ 操作方法
1 .設定方法(最高周波数を設定する)