TOP > 製品一覧 > HF-430
保護機能
 
名   称 内      容 デジタルパネル・
デジタルオペレータ
の表示
リモート
オペレータ
表示
ERR1★★★
過電流保護 モータが拘束されたり、急加減速するとインバータに大きな電流が流れ、故障の原因となります。この為、電流保護回路が動作して、インバータの出力を遮断します。 定速時 E01 OC.Drive
減速時 E02 OC.Decel
加速時 E03 OC.Accel
その他 E04 Over.C
過負荷保護
注)1
インバータの出力電流を検出し、モータが過負荷になった場合は、インバータ内蔵の電子サーマルが検知して、インバータの出力を遮断します。 E05 Over.L
制動抵抗器
過負荷保護
回生制動抵抗器の使用率を超えた場合、制御回路の動作停止によって過電圧になるのを検知し、インバータの出力を遮断します。 E06 OL.BRD
過電圧保護 モータからの回生エネルギーおよび受電電圧が高い場合に、コンバータ部の電圧が規定以上に上昇すると、保護回路が働いてインバータの出力を遮断します。 E07 Over.V
EEPROM
エラー
注)2
外来ノイズ、異常温度上昇などの原因で、インバータ内蔵のEEPROMに異常が発生した時に、出力を遮断します。 E08 EEPROM
不足電圧 インバータ受電電圧が下がると、制御回路が正常に機能しなくなる為、受電電圧が規定電圧以下になると、出力を遮断します。 E09 under.V
CTエラー インバータに内蔵しているCT(電流検出器)に異常が発生した時、出力を遮断します。 E10 CT
CPUエラー 内蔵CPUが誤動作、異常を発生した時は、出力を遮断します。 E11 CPU
外部異常 外部機器、装置が異常を発生した時、インバータは、その信号を取り込み出力を遮断します。(外部異常機能選択時) E12 EXTERNAL
USPエラー インバータがRUN状態のままで電源ONした場合のエラー表示です。(USP機能選択時有効) E13 USP
地絡保護 電源投入時、インバータの出力部とモータ間で地絡を検出してインバータを保護します。 E14 GND.Flt.
受電過電圧
保護
受電電圧が仕様の値よりも高い時、電圧投入60秒後に検出し、出力を遮断します。 E15 OV.SRC
瞬時停電保護 15ms以上の瞬時停電が発生した時、出力を遮断し、瞬時遮断時間が長い場合、通常電源遮断と見なします。尚、再始動選択時は運転指令が残っている時に、再始動します。 E16 Inst.P-F
温度異常 冷却ファンの停止などにより、主回路部温度が上昇した場合、インバータの出力を遮断します。 E21 OH.FIN
ゲートアレイ
エラー
内蔵CPUとゲートアレイ間の通信動作で異常があった場合に表示されます。 E23 GA
欠相保護 入力欠相によるインバータの破損を防ぎます。 E24 PH.Fail
過負荷保護2 瞬時過電流が発生した場合、主素子保護の為、インバータの出力を遮断します。 E25 Over.L2
IGBTエラー 瞬時過電流が発生した場合、主素子保護の為、インバータの出力を遮断します。 E30 IGBT
サーミスタ
エラー
モータ内部のサーミスタの抵抗値を検出し、モータの温度上昇があった場合、インバータの出力を遮断します。 E35 TH
ブレーキ
過負荷
b120(ブレーキ制御機能選択)にて01を選択時にインバータがブレーキ開放出力後、b124(ブレーキ確認待ち時間)内にブレーキのON/OFFが確認できない場合 E36 BRAKE
オプション1
エラー0〜9
オプション基板1のエラーを検出します。詳細は実装したオプション基板の取扱説明書を参照ください。 E60〜E69 OP1-0〜9
オプション2
エラー0〜9
オプション基板2のエラーを検出します。詳細は実装したオプション基板の取扱説明書を参照ください。 E70〜E79 OP2-0〜9
不足電圧
待機中
インバータの受電電圧が下がって、出力を遮断して待機している状態を表示します。 ---- UV.WAIT
注) 1. トリップ発生後、10秒経過してからリセット動作にて復帰します。
  2. EEPROMエラーE08発生時は再度設定データを確認してください。
 
■ 状態表示
コード 内容
0 リセット中
1 停止中
2 減速中
3 定速中
4 加速中
コード 内容
5 周波数"0"で運転指令"ON"
6 始動中
7 直流ブレーキ動作中
8 ストール防止動作中
9 オートチューニング中
 
■ トリップモニタ方法