TOP > 製品一覧 > HF-320α
パラメータ一覧
使用情報
基本パラメータ
拡張パラメータ
容量別標準出荷設定
入力/出力端子機能
■ 使用情報
※必要に応じてご記入ください。
項目
内容
項目
内容
設定年月日/設定者   お客先名/御納入先名  
組合せ機械名/用途   機械形式/製番  
モータのメーカ/形式   モータ容量/定格  
インバータ形式/台数 HF321- インバータ製番/シリアル番号  
使用オプション   使用周辺機器  
使用制御端子台 注) P24V・DRV・OM・FRQ・COM・FA・FB・FC・+V・VRF・VRF2・COM・PCS・DFL・DFM・DFH・FR・RR・RST・COM
使用主回路/スイッチ 注) R・S・T・U・V・W・E/G・P・PR・N・P1 VRF(V・I)、FRQ(V・I)、SW1(SOURCE・PLC・SINK)

注)ご使用の端子台の記号を丸で囲んでください。
■ 基本パラメータ
● 運転周波数パラメータ
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
FC
パネル運転周波数 LL-UL(Hz)
0.0
 
● 4個のおまかせ機能
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
AUH
ヒストリ機能 設定変更を行ったパラメータの新しい順から
5個を一つのグループとして表示。(編集も可能)
-
 
AU1
おまかせ加減速 0:なし(手動設定)
1:自動設定
2:自動設定(加速時のみ)
0
 
AU2
おまかせトルクアップ 0:なし
1:自動トルクブースト+オートチューニング
2:センサレスベクルト制御+オートチューニング
3:省エネ+オートチューニング
0
 
AU4
おまかせ機能設定 0:なし
1:フリーラン停止
2:3ワイヤ運転
3:外部アップ/ダウン入力設定
4: 4-20mA電流入力運転
0
 
● その他の基本パラメータ
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
コマンドモード選択 0:端子台
1:パネル
1
 
周波数設定モード選択1 0:内蔵ボリウム
1:VRF
2:VRF2
3:パネル
4: シリアル通信
5:外部接点アップダウン
6:VRF+VRF2(オーバーライド)
0
 
接続メータ選択 0:出力周波数
1:出力電流
2:周波数設定値
3:直流部電圧
4:出力電圧指令値
5:入力電力
6:出力電力
7:トルク
8:トルク電流
9:モータ積算負荷率
10:インバータ積算負荷率
11:制動抵抗器積算負荷率
12:周波数設定値(PID後)
13:VRF入力値
14:VRF2入力値
15:固定出力1(出力電流100%時)
16:固定出力2(出力電流50%時)
17:固定出力3(出力電流以外100%時)
18:シリアル通信データ
19:調整用(の値の表示)
0
 
接続メータ調整
 
標準出荷設定 0:ー
1:50Hz標準設定
2:60Hz標準設定
3:使用不可
4:トリップ履歴のクリア
5:累積稼働時間のクリア
6:形式情報初期化
7:使用不可
8:初期化
9:累積ファン運転時間のクリア
0
 
Fr
正転・逆転選択(パネル運転時) 0:正転
1:逆転
2:正転(パネル正逆切換え可能)
3:逆転(パネル正逆切換え可能)
0
 
ACC
加速時間1 0.0-3200(s)
10.0
 
dEC
減速時間1 0.0-3200(s)
10.0
 
FH
最高周波数 30.0-500.0(Hz)
60.0
 
UL
上限周波数 0.5-FH(Hz)
60.0
 
LL
下限周波数 0.0-UL(Hz)
0.0
 
基底周波数1 25-500.0(Hz)
60.0
 
基底周波数電圧1 200Vクラス:50-330(V)
400Vクラス:50-660(V)
200/400
 
V/F制御モード選択1 0:V/F一定
1:二乗低減
2:自動トルクブースト制御
3:センサレスベクトル制御
4:自動省エネ
5:ダイナミック自動省エネ(ファン・ポンプ用)
6:使用不可
0
 
トルクブースト量 0.0-30.0(%)
*1
 
モータ用電子サーマル保護レベル1 10-100(%/A)*2
100
 
電子サーマル保護特性選択 設定値   過負荷保護 過負荷ストール
0
 
0 標準モータ 有効 無効  
1 有効 有効  
2 無効 無効  
3 無効 有効  
4 AFモータ
(特殊
モータ)
有効 無効  
5 有効 有効  
6 無効 無効  
7 無効 有効  
Sr1
多段速運転周波数1 LL-UL(Hz)
5.0
 
Sr2
多段速運転周波数2 LL-UL(Hz)
10.0
 
Sr3
多段速運転周波数3 LL-UL(Hz)
15.0
 
Sr4
多段速運転周波数4 LL-UL(Hz)
20.0
 
Sr5
多段速運転周波数5 LL-UL(Hz)
30.0
 
Sr16
多段速運転周波数6 LL-UL(Hz)
40.0
 
Sr7
多段速運転周波数7 LL-UL(Hz)
50.0
 
F---
拡張パラメータ
 
変更設定検索
 
モニタの表示について
操作パネルのLEDの表示は、次のような記号を使用しています。
LED表示(数字)
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
-
LED表示(アルファベット)
Aa
Bb
C
c
Dd
Ee
Ff
Gg
H
h
l
i
Jj
Kk
Ll
A
b
C
c
d
E
F
H
h
l
J
L
Mm
Nn
O
o
Pp
Qq
Rr
Ss
Tt
Uu
Vv
Ww
Xx
Yy
Zz
O
o
p
q
r
S
U
y
■ 拡張パラメータ
● 入出力パラメータ1
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F100
周波数検出信号出力周波数 0.0-FH(Hz)
0.0
 
F101
出力到達指定周波数 0.0-FH(Hz)
0.0
 
F102
速度到達検出幅 0.0-FH(Hz)
2.5
 
F105
正転/逆転指令同時入力時の有効選択 0:逆転
1:停止
1
 
F109
アナログ/接点入力機能選択
(VRF/VRF2端子)
0:VRFーアナログ入力、
  VRF2ーアナログ入力
1:VRFーアナログ入力、
  VRF2ー接点入力(シンク)
2:VRFーアナログ入力、
  VRF2ー接点入力(ソース)
3:VRFー接点入力(シンク)、
  VRF2ー接点入力(シンク)
4:VRFー接点入力(ソース)、
  VRF2ー接点入力(ソース)
0
 
F110
常時動作機能選択 0-64(ST)
1
 
F111
入力端子選択1(FR) 0-64(FR)
2
 
F112
入力端子選択2(RR) 0-64(RR)
3
 
F113
入力端子選択3(RST) 0-64(RST)
10
 
F114
入力端子選択4(DFL) 0-64(DFL)
6
 
F115
入力端子選択5(DFM) 0-64(DFM)
7
 
F116
入力端子選択6(DFH) 0-64(DFH)
8
 
F117
入力端子選択7(VRF2) 5-17(DFHM)
9
 
F118
入力端子選択8(VRF) 5-17(AD2)
5
 
F130
出力端子選択1A(RY-RC) 0-255(常時ON)
254
 
F131
出力端子選択2A(DRV-OM) 0-255(常時ON)
14
 
F132
出力端子選択3(FL) 0-255(FL)
10
 
F137
出力端子選択1B(RY-RC) 0-255(常時ON)
255
 
F138
出力端子選択2B(DRV-OM) 0-255(常時ON)
255
 
F139
出力端子ロジック選択
(RY-RC、DRV-OM)
0:F130andF137,
  F131andF138
1:F130orF137,
  F131andF138
2:F130andF137,
  F131orF138
3:F130orF137,
  F131orF138
0
 
F167
周波数指令一致検出幅 0.0-(Hz)
2.5
 
F170
基底周波数2 25.0-500.0(Hz)
60.0
 
F171
基底周波数電圧2 200Vクラス:50-330(V)
400Vクラス:50-660(V)
200/400
 
F172
トルクブースト量2 0.0-30.0(%)
*1
 
F173
モータ用電子サーマル保護レベル2 10-100(%/A)*2
100
 
F185
ストール防止動作レベル2 10-199(%/A)*2
200(不動作)
150
 
● 周波数パラメータ
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F200
周波数優先選択 0:(端子入力により
  F207に切換え可能)
1:F207(指令周波数1.0Hz
  以下でF207に切換え)
0
 
F201
VRF入力ポイント1の設定 0-100(%)
0
 
F202
VRF入力ポイント1の周波数 0.0-500.0(Hz)
0.0
 
F203
VRF入力ポイント2の設定 0-100(%)
100
 
F204
VRF入力ポイント2の周波数 0.0-500.0(Hz)
60.0
 
F207
周波数設定モード選択2 0:内蔵ボリウム
1:VRF
2:VRF2
3:パネル
4:シリアル通信
5:外部接点アップダウン
6:VRF+VRF2(オーバーライド)
1
 
F210
VRF2入力ポイント1の設定 0-100(%)
0
 
F211
VRF2入力ポイント1の周波数 0.0-500.0(Hz)
0.0
 
F212
VRF2入力ポイント2の設定 0-100(%)
100
 
F213
VRF2入力ポイント2の周波数 0.0-500.0(Hz)
60.0
 
F240
始動周波数設定 0.5-10.0(Hz)
0.5
 
F241
運転開始周波数 0.0-FH(Hz)
0.0
 
F242
運転開始周波数ヒステリシス 0.0-FH(Hz)
0.0
 
F250
直流制動開始周波数 0.0-FH(Hz)
0.0
 
F251
直流制動量 0-100(%/A)*2
50
 
F252
直流制動時間 0.0-20.0(s)
1.0
 
F254
モータ軸固定制御 0:なし
1:あり(直流制動後)
0
 
F256
下限周波数連続運転時
自動停止時間
0.0:なし
0.1-600.0(s)
0.0
 
F260
ジョギング周波数 F240-20.0(Hz)
5.0
 
F261
ジョギング停止パターン 0:減速停止
1:フリーラン停止
2:直流制動停止
0
 
F262
パネルジョギング運転モード 0:なし
1:パネルジョギング運転モード有効
0
 
F264
外部接点入力ー
アップ応答時間
0.0-10.0(s)
0.1
 
F265
外部接点入力ー
アップ周波数ステップ幅
0.0-FH(Hz)
0.1
 
F266
外部接点入力ー
ダウン応答時間
0.0-10.0(s)
0.1
 
F267
外部接点入力ー
ダウン周波数ステップ幅
0.0-FH(Hz)
0.1
 
F268
アップダウン周波数初期値 LL-UL(Hz)
0.0
 
F269
アップダウン周波数初期値書換え 0:書換えしない
1:電源OFF時に、F268を書換えする
1
 
F270
ジャンプ周波数1 0.0-FH(Hz)
0.0
 
F271
ジャンプ幅1 0.0-30(Hz)
0.0
 
F272
ジャンプ周波数2 0.0-FH(Hz)
0.0
 
F273
ジャンプ幅2 0.0-30(Hz)
0.0
 
F274
ジャンプ周波数3 0.0-FH(Hz)
0.0
 
F275
ジャンプ幅3 0.0-30(Hz)
0.0
 
F287
多段速運転周波数8 LL-UL(Hz)
60.0
 
F288
多段速運転周波数9 LL-UL(Hz)
0.0
 
F289
多段速運転周波数10 LL-UL(Hz)
0.0
 
F290
多段速運転周波数11 LL-UL(Hz)
0.0
 
F291
多段速運転周波数12 LL-UL(Hz)
0.0
 
F292
多段速運転周波数13 LL-UL(Hz)
0.0
 
F293
多段速運転周波数14 LL-UL(Hz)
0.0
 
F294
多段速運転周波数15
(ファイアスピード)
LL-UL(Hz)
0.0
 
*1: インバータ容量ごとにパラメータの標準出荷設定値が異なります。容量別標準出荷設定の表を参照してください。
● 運転モードパラメータ
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F300
PWMキャリア周波数 2.0-16.0(kHz)
4.0
 
F301
瞬停再始動制御選択 0:なし
1:瞬停再始動時
2:ST端子入/切時
3:瞬停再始動時またはST端子入/切時
4:始動時
0
 
F302
瞬停ノンストップ制御
(停電時減速停止選択)
0:なし
1:あり
2:あり(減速停止)
0
 
F303
リトライ選択(回数) 0:なし
1-10回
0
 
F304
発電制動選択 0:発電制動なし
1:発電制動あり、過負荷保護あり
0
 
F305
過電圧制限動作
(減速停止モード選択)
0:あり
1:なし
2:あり(短時間減速)
3:あり(ダイナミック短時間減速)
1
 
F307
電源電圧補正
(出力電圧制限)
0:電源電圧補正なし・出力電圧制限あり
1:電源電圧補正あり・出力電圧制限あり
2:電源電圧補正なし・出力電圧制限なし
3:電源電圧補正あり・出力電圧制限なし
3
 
F308
制動抵抗値 1.0-1000(Ω)
*1
 
F309
制動抵抗容量 0.01-30.00(kW)
*1
 
F311
逆転運転禁止選択 0:正転・逆転許可
1:逆転禁止
2:正転禁止
0
 
F312
まろやか制御 0:なし
1:あり
1
 
F316
キャリア周波数制御モード選択 0:キャリア周波数自動低減なし
1:キャリア周波数自動低減あり
2:キャリア周波数自動低減なし、400Vクラス  対応あり
3:キャリア周波数自動低減あり、400Vクラス  対応あり
1
 
F320
ドゥループゲイン 0-100(%)
0
 
F323
ドゥループ不感帯トルク電流 0-100(%)
10
 
F342
ブレーキ機能モード選択 0:なし
1:あり(正転方向)
2:あり(逆転方向)
3:あり(運転方向)
0
 
F343
釈放周波数 F240-20.0(Hz)
3.0
 
F344
釈放時間 0.00-2.50(s)
0.05
 
F345
クリープ周波数 F240-20.0(Hz)
3.0
 
F346
クリープ時間 0.00-2.50(s
0.10
 
F359
PID制御開始待ち時間 0-2400(s)
0
 
F360
PID制御 0:なし
1:あり
0
 
F362
比例ゲイン 0.01-100.0
0.30
 
F363
積分ゲイン 0.01-100.0
0.20
 
F366
微分ゲイン 0.00-2.55
0.00
 
● トルクアップパラメータ1
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F400
オートチューニング 0:オートチューニングなし
1:F402の初期化(実行後0)
2:オートチューニングの実行(実行後0)
0
 
F401
すべり周波数ゲイン 0-150(%)
*1
 
F402
自動トルクブースト量 0.0-30.0(%)
*1
 
F415
モータ定格電流 0.1-100.0(A)
*1
 
F416
モータ無負荷電流 10-90(%)
*1
 
F417
モータ定格回転数 100-32000(m-1)
*1
 
F418
速度制御応答係数 1-150
40
 
F419
速度制御安定係数 1-100
20
 
● 入出力パラメータ2
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F470
VRF入力バイアス 0-255
128
 
F471
VRF入力ゲイン 0-255
128
 
F472
VRF2入力バイアス 0-255
128
 
F473
VRF2入力ゲイン 0-255
128
 
● トルクアップパラメータ2
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F480
励磁電流係数 100-130(%)
100
 
F485
失速防止制御係数1 10-250
100
 
F492
失速防止制御係数2 50-150
100
 
F494
モータ調整係数 0-200
*1
 
● 加減速時間パラメータ
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F500
加速時間2 0.0-3200(s)
10.0
 
F501
減速時間2 0.0-3200(s)
10.0
 
F502
加減速1のパターン 0:直線
1:S字1
2:S字2
0
 
F503
加減速2のパターン 0:直線
1:S字1
2:S字2
0
 
F504
加減速1・2・3選択 1:加減速1
2:加減速2
3:加減速3
1
 
F505
加減速1・2切換え周波数 0.0-UL(Hz)
0.0
 
F506
S字下限調整量 0-50(%)
10
 
F507
S字上限調整量 0-50(%)
10
 
F510
加速時間3 0.0-3200(s)
10.0
 
F511
減速時間3 0.0-3200(s)
10.0
 
F512
加減速3のパターン 0:直線
1:S字1
2:S字2
0
 
F513
加減速2・3切換え周波数 0.0-UL(Hz)
0.0
 
● 保護パラメータ
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F601
ストール防止動作レベル1 10-199(%/A)
200(不動作)
150
 
F602
トリップ保持選択 0:電源OFFでクリア
1:電源OFFでも保持
0
 
F603
非常停止選択 0:フリーラン停止
1:減速停止
2:緊急直流制動停止
0
 
F604
緊急直流制動停止時間 0.0-20.0(s)
1.0
 
F605
出力欠相検出動作選択 0:なし
1:始動時(電源投入後1回のみ)
2:始動時(毎回)
3:運転中
4:始動時+運転中
5:出力側遮断検出あり
0
 
F607
モータ用150%過負荷トリップ検出時間 10-2400(s))
60
 
F608
入力欠相検出動作選択 0:なし
1:あり
1
 
F610
低電流トリップ/アラーム選択 0:アラームのみ
1:トリップあり
0
 
F611
低電流検出電流 0-100(%)
0
 
F612
低電流検出時間 0-255(s)
0
 
F613
始動時短絡検出選択 0:毎回(標準パルス)
1:電源投入後1回のみ(標準パルス)
2:毎回(短時間パルス)
3:電源投入後1回のみ(短時間パルス)
0
 
F615
過トルクトリップ/アラーム選択 0:アラームのみ
1:トリップあり
0
 
F616
過トルク検出レベル 0-250(%)
150
 
F618
過トルク検出時間 0.0-10.0(s)
0.5
 
F619
過トルク検出レベルのヒステリシス 0-100(%)
10
 
F621
累積運転アラーム時間 0.0-999.9(100時間)
610
 
F626
過電圧制限動作レベル 100-150(%)
*1
 
F627
不足電圧トリップ/アラーム選択*3

0:アラームのみ(検出レベル60%以下)
1:トリップあり(検出レベル60%以下)
2:アラームのみ(検出レベル50%以下、
   直流リアクトル必要)

1
 
F633
VRFアナログ入力断線検出レベル 0:なし
1-100(%)
0
 
F634
年間平均周囲温度(寿命アラーム計算用) 1:-10〜+10℃
2:11〜20℃
3:21〜30℃
4:31〜40℃
5:41〜50℃
6:51〜60℃
3
 
F669
ロジック出力/パルス列出力選択(DRV-OM) 0:ロジック出力
1:パルス列出力
0
 
F676
パルス列出力機能選択(DRV-OM) 0:出力周波数
1:出力電流
2:周波数設定値
3:直流部電圧
4:出力電圧指令値
5:入力電力
6:出力電力
7:トルク
8:トルク電流
9:モータ積算負荷率
10:インバータ積算負荷率
11:制動抵抗器積算負荷率
12:周波数設定値(PID後)
13:VRF入力値
14:VRF2入力値
15:固定出力1(出力電流100%時)
16:固定出力2(出力電流50%時)
17:固定出力3(出力電流以外100%時)
0
 
F677
パルス列出力最大パルス数 50-1600(PPS)
800
 
F691
アナログ出力の傾き特性 0:マイナス傾き(右下がり)
1:プラス傾き(右上がり)
1
 
F692
アナログ出力バイアス 0-100(%)
0
 
*1: インバータ容量ごとにパラメータの標準出荷設定値が異なります。容量別標準出荷設定の表を参照してください。
*2: パラメータF701(電流電圧単位選択)にて、表示単位を選択できます。
*3: パラメータF627=2(検出レベル50%以下)を設定する場合、必ず直流リアクトル(オプション)を設置してください。
● パネルパラメータ
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F700
パラメータ書込み禁止選択 0:許可
1:禁止
0
 
F701
電流電圧単位選択 0:%
1:A(アンペア)/V(ボルト)
1
 
F702
フリー単位表示倍率 0.00:フリー単位表示なし(周波数表示)
0.01-200.0(倍)
0.00
 
F705
フリー単位表示の傾き特性 0:マイナス傾き(右下がり)
1:プラス傾き(右上がり)
1
 
F706
フリー単位表示バイアス 0.00-FH(Hz)
0.00
 
F707
変化ステップ幅設定1
(パネルキー1回押し)
0.00:無効
0.01-FH(Hz)
0.00
 
F708
変化ステップ幅設定2(パネル表示) 0:無効
1-255
0
 
F710
標準モニタ表示選択 0:運転周波数(Hz/フリー単位)
1:周波数指令(Hz/フリー単位)
2:出力電流(%/A)
3:インバータ定格電流(A)
4:インバータ負荷率(%)
5:出力電力(kW)
6:PID制御後の周波数指令(Hz/フリー単   位)
7:通信による任意表示
0
 
F719
運転準備端子
(ST)OFF時の運転指令解除選択
0:運転指令解除(クリア)
1:運転指令保持
1
 
F721
パネル停止パターン選択 0:減速停止
1:フリーラン停止
0
 
F730
パネル周波数設定禁止選択(FC) 0:許可
1:禁止
0
 
F733
パネル運転禁止選択
(RUN/STOPキー)
0:許可
1:禁止
0
 
F734
パネル非常停止操作禁止選択 0:許可
1:禁止
0
 
F735
パネルリセット操作禁止選択 0:許可
1:禁止
0
 
F736
運転中/変更禁止選択 0:許可
1:禁止
1
 
● 通信パラメータ
タイトル
F機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F800
通信速度 0:1200bps
1:2400bps
2:4800bps
3:9600bps
4:19200bps
3
 
F801
パリティ 0:NON(パリティなし)
1:EVEN(偶数パリティ)
2:ODD(奇数パリティ)
1
 
F802
インバータ番号 0-255
0
 
F803
通信エラートリップ時間 0:不動作
1-100(s)
0
 
F805
送信待ち時間 0.00-2.00(s)
0.00
 
F806
インバータ間通信時の親器/子器設定
(マスタ/スレーブ設定)
0:子器(親器異常時、OHz指令)
1:子器(親器異常時、運転継続)
2:子器(親器異常時、非常停止トリップ)
3:親器(周波数指令を送信)
4:親器(出力周波数を送信)
0
 
F811
通信指令ポイント1の設定

0-100(%) 

0
 
F812
通信指令ポイント1の周波数 0.0-500.0(Hz)
0.0
 
F813
通信指令ポイント2の設定 0-100(%) 
100
 
F814
通信指令ポイント2の周波数 0.0-500.0(Hz)
60.0
 
F829
通信プロトコル選択 0:住友インバータプロトコル
1:ModbusRTUプロトコル
0
 
F870
ブロック書込みデータ1 0:選択なし
1:コマンド情報1
2:コマンド情報2
3:周波数指令
4:端子台出力データ
5:通信用アナログ出力
0
 
F871
ブロック書込みデータ2
0
 
F875
ブロック読出しデータ1 0:選択なし
1:ステータス情報
2:出力周波数
3:出力電流
4:出力電圧
5:アラーム情報
6:PIDフィードバック値
7:入力端子台モニタ
8:出力端子台モニタ
9:VRF端子台モニタ
10:VRF2端子台モニタ
0
 
F876
ブロック読出しデータ2
0
 
F877
ブロック読出しデータ3
0
 
F878
ブロック読出しデータ4
0
 
F879
ブロック読出しデータ5
0
 
F880
フリーメモ 0-65535
0
 
F890
オプション用パラメータ1 0-65535
0
 
F891
オプション用パラメータ2 0-65535
0
 
F892
オプション用パラメータ3 0-65535
0
 
F893
オプション用パラメータ4 0-65535
0
 
F894
オプション用パラメータ5 0-65535
0
 
● 未使用パラメータ
タイトル
機能
調整範囲
標準出荷
メモ
F910
変更しないでください
100
 
F911
変更しないでください
0.0
 
*1: インバータ容量ごとにパラメータの標準出荷設定値が異なります。容量別標準出荷設定の表を参照してください。
*2: パラメータF701(電流電圧単位選択)にて、表示単位を選択できます。
*3: パラメータF627=2(検出レベル50%以下)を設定する場合、必ず直流リアクトル(オプション)を設置してください。
■ 容量別標準出荷設定
インバータ
形式
トルク
ブース
ト量
制動
抵抗
制動
抵抗
容量
すべり
補償ゲ
イン
自動
トルク
ブースト
モータ
定格
電流
モータ
無負荷
電流
モータ
定格
回転数
モータ
調整
係数
過電圧
制限
動作
レベル
Ub/F172
(%)
F308
(Ω)
F309
(kW)
F401
(%)
F402
(%)
F415
(A)
F416
(%)
F417
(r/min)
F494
F626
(%)
HF321S-A20
6.0
400.0
0.2
100
7.0
1.5
85
1750
90
134
HF321S-A40
6.0
200.0
0.2
80
6.4
2.3
84
1735
90
134
HF321S-A75
6.0
200.0
0.3
70
4.7
3.9
75
1740
80
134
HF321S-1A5
6.0
80.0
0.3
80
5.0
6.6
55
1720
70
134
HF321S-2A2
5.0
70.0
0.4
75
3.8
9.3
55
1745
70
134
HF3212-A20
6.0
400.0
0.2
100
7.0
1.5
85
1750
90
134
HF3212-A40
6.0
200.0
0.2
80
6.4
2.3
84
1735
90
134
HF3212-A75
6.0
200.0
0.3
70
4.7
3.9
75
1740
80
134
HF3212-1A5
6.0
80.0
0.3
80
5.0
6.6
55
1720
70
134
HF3212-2A2
5.0
70.0
0.4
75
3.8
9.3
55
1745
70
134
HF3212-3A7
5.0
40.0
0.6
80
3.6
14.8
44
1740
70
134
HF3212-5A5
4.0
20.0
1.5
75
3.8
21.5
42
1750
70
134
HF3212-7A5
3.0
20.0
1.5
75
4.0
29.1
43
1755
70
134
HF3214-A40
6.0
750.0
0.2
76
6.4
1.2
82
1735
90
140
HF3214-A75
6.0
750.0
0.3
70
4.2
1.9
75
1740
80
140
HF3214-1A5
6.0
400.0
0.3
80
5.4
3.3
55
1720
70
140
HF3214-2A2
5.0
250.0
0.4
75
3.5
4.7
55
1745
70
140
HF3214-3A7
5.0
160.0
0.6
85
3.2
7.4
44
1740
70
140
HF3214-5A5
4.0
83.0
1.2
65
3.9
10.7
42
1750
70
140
HF3214-7A5
3.0
83.0
1.2
75
3.6
14.6
43
1755
70
140
■ 入力/出力端子機能
パラメータF110〜F118(入力端子選択)、F130〜F138(出力端子選択)に下表に示す機能の番号を割付けることにより、それぞれ対応する接点入力/出力端子に様々な機能を持たせることができます。
● 入力端子機能一覧
機能番号
機能
0
割付機能なし
1
運転準備
2
正転運転指令
3
逆転運転指令
4
ジョギング運転モード
5
第2加減速選択
6
多段速指令1
7
多段速指令2
8
多段速指令3
9
多段速指令4
10
リセット指令
11
外部入力トリップ停止指令
12
コマンドモード/周波数設定モード切換え
13
直流制動指令
14
PID制御禁止
15
パラメータ編集許可
16
運転準備とリセット指令の組合せ(No.1+10)
17
運転準備とコマンドモード/周波数設定モード切換えの組合せ(No.1+12)
18
正転運転とジョギング運転の組合せ(No.2+4)
19
逆転運転とジョギング運転の組合せ(No.3+4)
20
正転運転と第2加減速選択の組合せ(No.2+5)
21
逆転運転と第2加減速選択の組合せ(No.3+5)
22
正転運転と多段速指令1の組合せ(No.2+6)
23
逆転運転と多段速指令1の組合せ(No.3+6)
24
正転運転と多段速指令2の組合せ(No.2+7)
25
逆転運転と多段速指令2の組合せ(No.3+7)
26
正転運転と多段速指令3の組合せ(No.2+8)
27
逆転運転と多段速指令3の組合せ(No.3+8)
28
正転運転と多段速指令4の組合せ(No.2+9)
29
逆転運転と多段速指令4の組合せ(No.3+9)
30
正転運転、多段速指令1、第2加減速選択の組合せ(No.2+5+6)
31
逆転運転、多段速指令1、第2加減速選択の組合せ(No.3+5+6)
32
正転運転、多段速指令2、第2加減速選択の組合せ(No.2+5+7)
33
逆転運転、多段速指令2、第2加減速選択の組合せ(No.3+5+7)
34
正転運転、多段速指令3、第2加減速選択の組合せ(No.2+5+8)
35
逆転運転、多段速指令3、第2加減速選択の組合せ(No.3+5+8)
36
正転運転、多段速指令4、第2加減速選択の組合せ(No.2+5+9)
37
逆転運転、多段速指令4、第2加減速選択の組合せ(No.3+5+9)
38
周波数指令F207への強制切換え
39
第2V/F設定切換え
40
第2モータ設定切換え(No.5+39+61)
41
外部接点アップ周波数入力
42
外部接点ダウン周波数入力
43
外部接点アップ/ダウン周波数クリア
44
外部接点アップ/ダウン周波数クリアとリセット指令の組合せ(No.10+43)
45
外部入力トリップ停止指令の反転(No.11の反転)
46
外部サーマルトリップ入力
47
外部サーマルトリップ入力の反転(No.46の反転)
48
通信からローカルへの強制切換え
49
運転保持(3ワイヤ運転の停止)
50
コマンドモード端子台指令への強制切換え
51
積算電力量(kWh)表示のクリア
52
強制運転(工場出荷設定要)
53
ファイアスピード制御
54
運転準備の反転(フリーラン)(No.1の反転)
55
リセット指令の反転(No.10の反転)
56
正転運転と運転準備の組合せ(No.1+2)
57
逆転運転と運転準備の組合せ(No.1+3)
58
第3加減速選択
59
正転運転と第3加減速選択の組合せ(No.2+58)
60
逆転運転と第3加減速選択の組合せ(No.3+58)
61
ストール防止動作レベル2への強制切換え
62
RY-RC端子出力ホールド
63
DRV-OM端子出力ホールド
64
パネル運転時運転指令解除(クリア)
● 出力端子機能一覧
機能番号
機能
0/1
周波数下限リミット/その反転
2/3
周波数上限リミット/その反転
4/5
周波数検出信号/その反転
6/7
指令周波数到達信号(加減速完了)/その反転
8/9
指令周波数到達信号/その反転
10/11
故障信号(トリップ出力)/その反転
12/13
過トルク検出/その反転
14/15
運転:停止/その反転
16/17
OLプリアラーム/その反転
18/19
制動抵抗器過負荷プリアラーム/その反転
20/21
過トルク検出プリアラーム/その反転
22/23
プリアラーム/その反転
24/25
低電流検出/その反転
26/27
重故障/その反転
28/29
軽故障/その反転
30/31
運転準備完了(ST/RUN含む)/その反転
32/33
運転準備完了(ST/RUN含まず)/その反転
34/35
周波数VRF2選択/その反転
36/37
故障信号(リトライ時も出力)/その反転
38/39
指定データ出力1)/その反転
40/41
指定データ出力2)/その反転
42/43
累積運転時間アラーム)/その反転
44/45
寿命計算アラーム)/その反転
46/47
ブレーキシーケンス出力/その反転
48/49
FR端子入力信号/その反転
50/51
RR端子入力信号/その反転
52/53
周波数指令一致信号/その反転
54/55
不足電圧検出/その反転
56〜253
無効な設定、常にOFF
254
常にOFF
255
常にON
注1) 0〜55の機能は、偶数番号が正論理、奇数番号がその反転の負論理になります。