TOP > 製品一覧 > HF-320α
インバータをお使いになるお客様へ
■ 近接スイッチ・光電スイッチ等が誤動作する場合の対策
下記の@〜Kの順に、可能な項目から対策を実施してください。
各対策の併用により効果があります。
■ 対策方法
@ センサの信号機はツイストペアシールド線を使用し、シールドはアースせず信号のコモンに接続する。
A インバータの本体や動力線とセンサ回路は最低10cm以上離す。(30cm以上が望ましい)
B センサ用電源をアースしてある場合はアースを外す。
C キャリア周波数を可能な範囲で低くする。
D インバータの出力側に零相リアクトルを設置する。
(形式:RC5078、RC9129)
E インバータの入力側に零相リアクトルを設置する。
(形式:RC5078、RC9129)
F インバータの入力側に容量性フィルタを設置する。
(形式:3XYHB-105104)
G 電源配線を金属管またはシールドケーブルとする。
H モータの動力線を4芯ケーブルとし、1本をアース線として使用する。
I インバータの電源に絶縁トランスまたはノイズカットトランスを設置する。
J センサ用電源アースを0.01〜0.1μFのコンデンサを介してアースする。
→(630V 0.1μF)
K インバータ用電源とセンサ用電源の系統を分離する。
■DE零相リアクトルとF容量性フィルタの接続方法
 
■ 連続運転トルク特性
AFモータ<インバータ専用モータ>
汎用モータ
出力周波数(Hz)
出力周波数(Hz)
 
■ 電動機温度上昇について
汎用電動機をインバータと組合わせて可変速運転する場合は、商用電源で運転する場合と比較して電動機の温度上昇が若干大きくなります。その要因として次のものがあげられます。
   
出力波形による影響 インバータの出力波形は、商用電源のような完全な正弦波形
ではなく、高調波成分を含んでいます。このため電動機損失が
増大し、温度 が若干高くなります。
低速運転時の電動機冷却効果の減少 電動機の冷却は電動機本体のファンにより行われますので、
電動機の回転数をインバータで低くすると冷却風量も減少し、
冷却効果が低下します。
   
このため商用電源周波数以下の周波数で運転する場合は、その温度上昇を抑えるために負荷トルクを低減するかまたはインバータ専用モータを適用してください。
 
■ 主要部品の寿命について
インバータに使用されている部品で、電解コンデンサ、冷却ファンなどは消耗品です。
インバータの使用状況によって寿命が著しく異なりますが、交換などが必要な場合は、弊社の代理店、サービスへ問い合わせください。
社団法人 日本電機工業会発行の「汎用インバータ定期点検のおすすめ」をご参照ください。
 
■ 高調波抑制ガイドラインの適用について
インバータ等の高調波発生機器に対し、「特定需要家高調波抑制ガイドライン」が制定されています。高圧または特別高圧需要家が、高調波発生機器を新設、増設、更新する場合に、この需要家から流出する高調波電流の上限値を定めたもので、超過する場合は対策が必要でえす。
200V級の3.7kW以下のインバータにおいて本カタログ掲載の直流(DC)リアクトルまたは、交流(AC)リアクトルを接続することにより、社団法人日本電機工業会で定められた「汎用インバータ(入力電流20A以下)の高調波抑制対策実施要領」に適合します。
 
■ インバータ適用の注意
●電源
  1. インバータを、大容量の電源直下に接続する場合(特に400Vラインでは、注意)には、過大なピーク電流が流入し、インバータユニットが、破損することがあります。このような場合、インバータユニットの入力側に、ACリアクトル(オプション)を設置してください。
  2. 次のような場合にも、ACリアクトルを設置してください。
    1) 電源系統にサージ電圧が発生する可能性のある場合
      サージエネルギーがインバータに流入すると、OVトリップする可能性があります。
    2) 同一電源系統内に、大容量のサイリスタレオナード等の位相制御装置が設置されている場合。
  3. 自家発電電源でインバータを運転する場合、高調波電流が発電機に与える影響を考慮し、インバータのKVAに対して、十分大きな発電容量が必要になります。
●設置
  1. 粉塵、オイルミスト、風綿等が浮遊する場所や、腐食性ガス、可燃性ガスの存在する悪環境場所には、設置しないでください。
  2. 浮遊物が存在する場所では、侵入をを防ぐ「密閉タイプ」の盤内に収納してください。盤内に収納する場合は、インバータの周囲温度が、許容温度以下になるように冷却方式、盤寸法を決定してください。
  3. インバータの取付方法は、縦長方向で壁取付とし、木材などの可燃製品には、取付けないでください。
●取り扱い
  1. インバータの出力端子UVWに電源を接続しますと、インバータ部が破損します。電源投入前に、誤配線がないか十分なチェックを行ってください。
  2. インバータぼ電源遮断後、内部のコンデンサの放電には時間がかかります。点検を行うときには、チャージランプが消えてから行ってください。
●運転
  1. インバータの入力側に電磁接触器(MC)を設置し、このMCで頻繁な始動・停止を行わないでください。インバータの故障の原因になります。
  2. 複数台のモータを1台のインバータで並列する場合は、モータの定格電流の合計の1.1倍がインバータの定格出力電流以下になるように、インバータの容量を選定してください。
  3. インバータは異常発生時、保護機能が動作しトリップ停止します。この場合モータは急停止しません。非常停止が必要な機械装置には、機械式ブレーキを併用してください。
  4. モータの加速時間は、モータと負荷の慣性モーメント、モータの発生トルクおよび負荷トルクで決まります。
    1) 加速時間設定が短すぎますと、ストール防止機能が動作し、設定時間が自動的に長くなります。安定した加減速のためには、設定時間を長くしてストール防止機能が働かないようにしてください。
    2) 減速時間設定が短すぎますと、ストール防止機能が動作するか、OVトリップを発生します。減速時間を長くするか、制動ユニット・制動抵抗器を設置してください。
●設定
  HF−320αインバータは、向上出荷設定では、V/F一定制御モードになっています。速度センサレス制御運転が必要な場合は、設定変更を行ってください。
 
■ 400V級標準電動機を運転する場合
標準電動機(汎用モータ)をインバータ駆動する場合、入力電圧の高い(400V以上)高キャリア周波数形(例:IGBT)インバータや配線距離が長い場合は電動機の絶縁耐圧を配慮しなければならないことがありますので、ご照会ください。