TOP > 製品一覧 > HF-320α
保護機能
 
表示 名称 内容と原因
0L 1
0C 1P
加速中過電流
加速中素子過電流
・加速時間RCCが短い。
・V/Fが不適当。
・瞬停等発生時、回転中のモータに対して始動をかけた。
・特殊モータ(インピーダンス小)を使用していませんか。
0C2
0C2P
減速中電流

減速中素子過電流
・減速時間dECが短い。
0C3
0C3P
定速運転中過電流

運転中素子過電流
・負荷が急変しました。
・負荷が異常です。
0CL 過電流(始動時負荷側過電流) ・出力主回路配線、モータの絶縁が不良です。
・モータのインピーダンスが小さい。
0CA 始動時アーム過電流 ・主回路素子が異常です。
*
EPH1
入力欠相 ・主回路入力側が欠相しています。
・主回路コンデンサの容量が不足しています。
*
EPH0
出力欠相 ・主回路出力側が欠相しています。
0P1 加速中過電圧 ・入力電圧が異常変動しました。
@電源容量が200kVA以上
A力率改善用コンデンサの開閉があった
Bサイリスタ使用の装置が同一電源ラインに接続されている。

<加速中>
・瞬停等発生時、回転中のモータに対して始動をかけた。

<減速中>
・減速時間dECが短い(回生エネルギーが大きすぎる)。
・発電制動抵抗動作F304がOFF。
・過電圧制限動作F305がOFF。

<定速運転中>
・モータが負荷側の力でインバータ出力周波数以上に回され回生状態
  となった。
0P2 減速中過電圧
0P3 定速運転中過電圧
0L1 インバータ過負荷 ・急加速をしている。
・直流制動量が大きすぎる。
・V/Fが不適当。
・瞬停等発生時、回転中のモータに対して始動をかけた。
・負荷が大きすぎる。
0L2 モータ過負荷 ・V/Fが不適当。
・モータ拘束状態が発生。
・低速領域での連続運転。
・モータの過負荷運転。
0Lr 発電制動用抵抗器
過負荷トリップ
・急減速をしている。
・発電制動量が大きすぎる。
*
過トルクトリップ ・運転中に過トルク検出レベルに負荷トルクが達しました。
0H 過熱 ・冷却ファンが動作していない。
・周囲温度が高すぎる。
・ファンの通風口が塞がれている。
・他の発熱体が近接している。
・ユニット内のサーミスタが断線している。
0H2 外部サーマル ・外部からサーマルトリップ入力されました。
E 非常停止 ・自動運転中及び遠方運転中にパネルまたは外部入力で停止をしています。
EEP1 EEPROM異常1 ・各種データの読込み時にエラーが発生しました。
EEP2 EEPROM異常2 実行中に電源が遮断され、書込みが中止されました。
EEP3 EEPROM異常3 ・各種データの読込み時にエラーが発生しました。
Err2 本体RAM異常 ・制御用のRAMが異常です。
Err3 本体ROM異常 ・制御用のROMが異常です。
Err4 CPU異常1 ・制御用のCPUが異常です。
Err5 通信異常 通信運転中、異常が発生しました。
Err7 電流検出器異常 電流検出器が異常です。
Err8 オプション基板形式異常 異なる形式のオプション基板が装着されました。
*
UC
定電流運転状態トリップ ・運転中に、停電流検出レベルに出力電流が低下しました。
*
UP1
不足電圧トリップ(主回路) ・運転中に入力電圧(主回路)が不足。
EF2 地絡トリップ ・出力ケーブルまたはモータが地絡しました。
オートチューニングエラー ・モータ用パラメータF401〜F494をチェックしてください。
・インバータ容量より2ランク以下のモータを使用していませんか?
・インバータ出力ケーブルに極端に細いものを使用していませんか?
・モータが回転していませんか?
・三相誘導電動機以外のものを接続していませんか?
インバータ形式エラー ・制御基板を入れ替えましたか?
(または主回路/ドライブ基板)
*
E-18
アナログ信号断線 ・VRFの入力信号がF633の設定値以下になっています。
E-19 本体CPU通信異常 ・制御用CPU間の通信異常です。
E-20 トルクブースト値過大 ・トルクブースト値が大きすぎます。
・モータのインピーダンスが小さい。
E-21 CPU異常2 ・制御用のCPUが異常です。
* : パラメータにてトリップの有り・無しが選択できます。