TOP 製品一覧 > HF-320α
操作
■ 運転・停止方法
[設定手順例]
キー操作
LED表示
動作
 
0.0
運転周波数を表示(停止中)。
(標準モニタ表示選択F710=0[運転周波数]設定の場合)
AUH
基本パラメータの先頭の「ヒストリ機能(AUH)」が表示されます。
△または▽キーにより””を選択します。
1
STRキーを押すことにより、パラメータ値を読み出すことができます。
(標準出荷設定値は 1)
0
▽キーにより、パラメータ値を0(端子台)へ変更します。
パラメータを書き込みます。とパラメータ値を交互に数回表示されます。
■ 操作パネルキーによる運転・停止(=1
操作パネル キーによる運転・停止を行います。
:運転開始
:モータ運転停止
 
■ 周波数設定方法
[設定手順例]
キー操作
LED表示
動作
 
0.0
運転周波数を表示(停止中)。
(標準モニタ表示選択F710=0[運転周波数]設定の場合)
AUH
基本パラメータの先頭の「ヒストリ機能(AUH)」が表示されます。
△または▽キーにより””を選択します。
0
STRキーを押すことにより、パラメータ値を読み出すことができます。
(標準出荷設定値は 0)
3
△キーを数回押すことにより、パラメータ値を3(パネル)へ変更します。
パラメータを書き込みます。とパラメータ値を交互に数回表示されます。
*[MODE]キーを2回押すと、標準モニタモード(運転周波数表示)に戻ります。
■ インバータ本体のボリウムによる設定(=0
ボリウムのノッチで周波数を設定します。
時計方向に回すことにより周波数が上昇します。
ボリウムにはヒステリシスがあります。設定後電源OFFし、再度電源ONした時に、設定値が異なる場合があります。