TOP > 製品一覧 > AF-3100α
耐圧防爆形AFモータ
 


危険雰囲気(d2G4)の場所でのインバータ駆動の定トルクモータとして、一早くシリーズ化し、化学工場のプラント設備等に多くご採用頂いて来ました。
駆動用のインバータも使用環境に合せ低騒音、コンパクトサイズのHF −320 シリーズ、高機能のAF−3100 αを用意しています。
d2G4用AFモータ製作範囲(○製作可能、△都度照会)
インバータ
機種
仕    様 製作範囲
登録容量帯 極数 一定
トルク
一定
出力
基底
周波数
最高
周波数
保護形式 脚付 JEM
フランジ
サイクロ
直結
コンパワー
直結
4 6 屋内 屋外
HF-320
シリーズ
200/220V
0.2〜3.7kW
60Hz 都度
照会
(注1)




400/440V
0.4〜3.7kW
AF-3100α
シリーズ
200/220V
5.5〜55kW
60Hz
**
(50Hz)
*90Hz
400/440V
5.5〜75kW
*機種により異なります。
**一部機種を除いて50Hz 基底周波数品の対応も可能です。


インバータ電源:AC200V,50/60Hz,AC220V,60Hz
                  AC400V,50/60Hz,AC440V,60Hz
防 爆 等 級:d2G4
保 護 構 造:全閉外扇耐圧防爆
端子箱:本体導線引込み……耐圧パッキン式
         外部導線引込み……電線管式、メネジ保護管
                                 式、オネジ保護管式
時間定格:連続(サーマル設定値は定格電流の100 %
            に設定)
注1)0.4kW :全閉自冷形
      30kW 以上:全閉他力通風形
 
   
(1) 耐圧防爆電動機をインバータで運転する場合は、インバータと電動機の組合せによる検定、(労働省産業安定研究所の防爆検定)が必要です。そのため既設の耐圧防爆電動機でもインバータで運転する場合は再度新規と同じ組合せが必要となります。
(2) 耐圧防爆電動機とインバータを発注する場合には、次の事項も、併せてメーカに連絡する必要があります。
    ○電源仕様:電圧、周波数(変動率)
    ○電動機仕様:出力容量、回転数範囲、出力特性
    ○相手機械
    ○周囲条件
(3) 防爆形インバータ制御可変速電動機の表示銘板
インバータにより可変速制御される防爆形電動機は、防爆性を保持するために、使用する制御装置(インバータ)を指定する必 要があり、そのため、電動機本体の主銘板及び防爆形電動機に付ける従来の表示すなわち「防爆型式検定合格標章」と「防爆表示銘板」の他に「適用可変速制御装置」の各事項を明記した銘板を追加表示しなければなりません。