TOP > 製品一覧 > AF-3100α
標準仕様

 

200Vクラス

形式 AF3122
-5A5
AF3122
-7A5
AF3122
-011
AF3122
-015
AF3122
-022
AF3122
-030
AF3122
-037
AF3122
-045
AF3122
-055
適用モータ出力(kW) 5.5 7.5 11 15 22 30 37 45 55

定格容量(kVA) 注1 10 13 18 24 35 47 56 69 82
定格電流(A) 25 33 46 59 90 117 140 180 215
過負荷電流定格 注2 150%1分間、200%0.5秒 反限時特性
定格電圧(V) 注3 3相 200〜230V

相数・電圧・周波数 3相 200〜220V/50Hz 200〜230V/60Hz
許容変動 電圧:−15% +10%以内、周波数 :+-5%以内
所要電源容量(kVA) 注4 7.6 10 15 20 29 39 48 59 72




標準 約20% 約10%
オプション使用時 種類 制動抵抗器 制動抵抗器 制動抵抗器と制動ユニット
トルク 150%以上短時間 100%以上短時間 100%以上 注5
保護構造 閉鎖形 (IP20) 開放形 (IP00) 注6
冷却方法 強制風冷
概略質量(kg) 9 9 11 16 26 42 56 58 65
注1.定格出力電圧が220Vの場合を示します。
注2.%値はインバータの定格電流値に対する比率を示します。
注3.最大出力電圧は電源電圧以上になりません。電源電圧以下で電圧を任意設定できます。
注4.力率改善用リアクトル(AC・DC:オプション)使用時の値を示します。
注5.使用する制御ユニット、制動抵抗器により、制動トルク・使用率は変わります。
注6.オプションにより閉鎖型(IP20)も可能です。

 

400Vクラス

形式 AF3124
-5A5
AF3124
-7A5
AF3124 -011 AF3124
-015
AF3124
-022
AF3124
-030
AF3124
-037
AF3124
-045
AF3124
-055
AF3124
-075
適用モータ出力(kW) 5.5 7.5 11 15 22 30 37 45 55 75

定格容量(kVA) 注1 10 13 19 24 36 48 61 73 86 115
定格電流(A) 13 17 24 32 48 64 80 96 112 150
過負荷電流定格 注2 150%1分間、200%0.5秒 反限時特性
定格電圧(V) 注3 3相 380V・400〜440V・460V

相数・電圧・周波数 3相 380V・400〜420V/50Hz 400〜440V・460V/60Hz
許容変動 電圧:−15% +10%以内、周波数 :+-5%以内
所要電源容量(kVA) 注4 7.6 9.9 14 19 29 39 48 58 71 98




標準 約20% 約15%
オプション使用時 種類 制動抵抗器 制動抵抗器 制動抵抗器と制動ユニット
トルク 150%以上短時間 100%以上
短時間
100%以上 注5
保護構造 閉鎖形 (IP20)                     開放形 (IP00) 注6
冷却方法 強制風冷
概略質量(kg) 9 9 11 16 26 32 45 45 58 65
注1.定格出力電圧が440Vの場合を示します。
注2.%値はインバータの定格電流値に対する比率を示します。
注3.最大出力電圧は電源電圧以上になりません。電源電圧以下で電圧を任意設定できます。
注4.力率改善用リアクトル(AC・DC:オプション)使用時の値を示します。
注5.使用する制御ユニット、制動抵抗器により、制動トルク・使用率は変わります。
注6.オプションにより閉鎖型(IP20)も可能です。

 

共通仕様


 
制御方式 速度センサレス制御方式またはV/F方式を選択可能
出力周波数範囲 0〜400.00Hz
周波数設定分解能 0.01Hz:デジタル設定時
最大出力周波数の1/1000: アナログ設定時
周波数精度 設定周波数の0.01%:デジタル設定時
最大周波数の±0.5%以内 (25℃±10℃):アナログ設定時
キャリア周波数 2.5〜14.5kHz可変(30kW以上は最大キャリア周波数が低減されます)
電圧/周波数特性 3種類の任意のプログラムV/Fパターンの設定可能
トルクブースト 手動ブースト(0〜30%可変)、自動ブースト、速度センサレス制御(オートチューニング可)
直流制動 制動開始周波数(0.5〜10Hz)、動作時間(0〜10秒)、動作電圧(0〜30%)を可変設定
加速/減速時間 0.1〜3000秒 リニア・S字カーブ選択可。第1、第2設定有り
周波数設定信号 デジタル デジタルオペレーションユニット
アナログ DC 0〜5V、0〜8V、0〜10V、4〜20mA
ストール防止動作 0%〜200%可変設定(工場出荷時:160%設定)
始動トルク 200%以上(速度センサレス制御選択・自動ブースト設定時)
速度変動率 ±0.2%以下(速度センサレス制御選択時 負荷0〜100%) 注5
トリップレス 定速中ストール防止、加減速中ストール防止、過電圧ストール防止、瞬時過電流制限機能、瞬停再始動機能
運転入力信号 フリーラン停止、外部異常
以下の多機能入力 注1
多段速度選択、JOG選択、第2加減速選択、Bモード選択 注2、運転指令切替、周波数指令切替、
ホールド選択、周波数上昇、周波数降下、速度サーチ始動、プリコン
出力信号 リレー接点出力による異常出力
以下の多機能出力(オープンコレクタ出力) 注3
インバータ異常出力、運転中出力、周波数到達出力、周波数検出1、周波数検出2、電流検出1、電流検出2、
起動接点ON、不足電圧、電子サーマルプリアラーム、ストール動作中、リトライ回数オーバー、
トルク検出1、トルク検出2、零速度検出、ユーザアラーム
運転機能 上限・下限周波数設定、ジャンプ周波数、周波数バイアス、瞬停再始動運転

 
運転状態 出力周波数、出力電圧、出力電流、加負荷率、自由表示(モータ・負荷軸回転速度、
ライン速度を単位付きで換算表示可能)、トルクモニタ、VRFモニタ、IRFモニタ、DCバス電圧、
指令周波数、累積稼働時間、ROMバージョン、ダブルモニタ(出力周波数・出力電流)。
設定時 パラメータメニューとデータを表示
異常内容 保護機能動作時に異常内容を表示。異常履歴を4回前まで表示可能

 
雰囲気 屋内(腐食、毒性、引火性ガス、粉塵、オイルミストのないこと)
周囲温度 -10℃〜+40℃(盤内取付時+50℃ 注4)
保存温度 -10℃〜+60℃
周囲湿度 90%RH以下(結露のないこと)
標高 海抜1000m以下
振動 0.6G以下(JIS C0911準拠)
注1.パラメータ設定により11種類の機能の中から、6種類の機能を選択できます。
注2.通常モードとは別に、加減速、V/Fパターン、ブースト、ストール防止の機能を変更できます。
    1台のインバータで、2台の異なる容量のモータを切り替えて使用する場合に、有用です。
注3.パラメータ設定により15種類の機能の中から、4種類の信号を選択できます。
注4.盤内取付時、フロントカバーを取り外すことで50℃まで許容できます。
注5.基底周波数での回転数ベースになります。