TOP > 製品一覧 > CYCLO 6000 Series
負荷条件対応

高起動頻度仕様

サイクロ減速機を、高頻度で起動・停止させる場合、または頻繁な正逆回転運転をする場合、減速機のカバー、ケースの組合せ面のズレや、脚付ケースの破損等が起きる場合があります。

高起動頻度で運転される場合は、ご照会ください。
 
  □仕様内容
  ・本体組合わせ面強化:本体組合わせ面へのノックピン打ち込み、または本体締め付けボルトのリーマボルト化。
  ・ケース強化      :横外カバーおよび枠の材質を、アルミまたは鋳鉄(FC20)のものをダクタイル鋳鉄製
   (FCD450)に変更(標準機種が既にFCD450製となっている製品には適用しません。)
 
  □適用条件(参考)
  ・起動停止頻度が200回/時間以上。
  ・カタログB9頁およびC9頁の「始動・停止頻度と減速機の負荷係数」において、負荷係数の区分がV
    (許容できる慣性モーメント比 ≦ 10)。
 
   上記の条件は参考です。
   起動・停止頻度が高いと感じる用途の場合は、ご照会ください。