TOP > 製品一覧 > CYCLO 6000 Series
標準仕様/塗装仕様

標準仕様/塗装仕様

素地調整
の程度
塗装の種類


塗装仕様
分類 塗装系
(上塗分類)
塗装 回数
(膜厚μm)
一般名称 JIS規格
鋳物・・・
1種
ケレン



鋼板・・・
2種
ケレン
標準塗装 0 下塗 1
(20〜40)
変性アルキド樹脂
アクリル変性
フタル酸系
0 下塗 1
(15〜30)
アクリル変性
アルキド樹脂
輸出
標準塗装
アクリル変性
フタル酸系
2 下塗 1
(30〜60)
変性アルキド樹脂
上塗 1
(15〜30)
アクリル変性
アルキド樹脂
K5527 2種
特殊塗装
(含、防蝕
耐熱)
1次プライ
マーとして
ユニグランド
PTCプライ
マー1回
塗布
変性
エポシキ系
3 下塗 1
(20〜40)
ビニール変性
エポキシ塗料
 
上塗 2
(30〜60)
アクリル変性
アルキド樹脂
 
長油性フタル酸系
(合成樹脂調合)
7 下塗 2
(40〜70)
鉛系サビ止ペイント K5621
K5623〜5625
上塗 2
(30〜60)
合成樹脂
調合ペイント
K5516
塩化ゴム系 10 下塗 2
(40〜70)
鉛系サビ止ペイント K5621
K5623〜5625
中塗 1
(20〜40)
フェノールM.I.O塗料 K5527 2種
上塗 2
(40〜70)
塩化ゴム塗料  
フェノール系 7 下塗 2
(40〜70)
鉛系サビ止ペイント K5621
K5623〜5625
上塗 2
(30〜60)
フェノール樹脂エナメル K5571
耐熱シルバー 7 下塗 1
(20〜40)
鉛系サビ止ペイント K5621
K5623〜5625
上塗 1
(15〜30)
アルミニュウムペイント  
重防蝕
塗装
エポキシ系 10 下塗 1
(50〜60)
特殊浸透性エポキシ
アルミ塗料
 
上塗 3
(30〜90)
ポリアミド系
エポキシ樹脂
 
エポキシ系 10 下塗 1
(50〜60)
特殊浸透性エポキシ
アルミ塗料
 
上塗 3
(120〜240)
ポリアミド系
エポキシ樹脂
 
ポリウレタン系 10 下塗 1
(50〜60)
特殊浸透性エポキシ
アルミ塗料
 
上塗 3
(45〜90)
ポリイソシアネイト系
ウレタン樹脂塗料
 
重防蝕塗装
(下地サンドブ
ラスト必要)
厚膜エポキシ系 12   5
(250〜350)
厚膜型変性
エポキシ樹脂塗料
 

素地調整
の程度
適用塗料















用途
商品名
鋳物・・・
1種
ケレン



鋼板・・・
2種
ケレン
ユニグランドPTCプライマー           100 標準品下塗
スピカ#3000 × 100 標準品上塗
ユニグランドPTCプライマー × × 100 輸出品
スピカ#3000
ネオゴーゼ#500
鉛丹プライマー
100 希薄な腐蝕性ガス
海岸地域
屋外多湿雰囲気
科学工場地帯
アクロン#300
SDマリンプライマー
赤サビ色
× × × 100 船舶
橋梁
海岸地域
屋外多湿雰囲気
ペンフォルテ#600
SDマリンプライマー
赤サビ色
80 船舶
橋梁
海岸地域
屋外多湿雰囲気
シントーMIO
ラバール#100
SDマリンプライマー
赤サビ色
× 100 酸を使用する工場
屋内・外化学工場
地帯
ニューアクノン
SDマリンプライマー
赤サビ色
× × × × 120 耐熱120℃加熱炉
シルバートップ耐熱
カーボマスチック15
150 薬品接触部
化学プラント
長期重防蝕プラント
ネオゴーゼ#200
カーボマスチック15
150 原子力発電用
ネオゴーゼ#2300CW
カーボマスチック15 150 原子力発電用
NYポリンK上塗
ネオゴーゼ#2300
NTHB
100 水中機器
海洋構造物

☆◎○◇:適当
△    :選択に注意
×    :不適当
 

注)
1.塗装日数とは、特殊塗装の場合、標準塗装に比べてどれだけ余分に日数を要するかを示します。
2.適用塗装は相当品に変更する場合があります。
3.※印は太陽光線による退色があるので注意を要します。
4.耐熱性について:周囲温度に依り上表を超える場合、検討を要します。
(上表の耐熱温度は塗料のみの耐熱温度であって、減速機の耐熱温度ではありません。)
5.常温と低温を短時間で繰り返す使用条件の場合は、御照会下さい。


素地調整

処理

程度
処理された表面の状態 処理方法 参考規格
SSPC SIS




全てのミルスケール、錆、腐食物質、
油脂、汚れ、その他異物質を完全に
取除いた表面。

但し、強固な残存物(ミルスケール、
錆、酸化物の僅かなシミや変色)は、
その対象としないが、少なくとも、
表面積の95%には明瞭な残存がなく、
残りの面積にも上記のような、僅かな
変色、シミ残存物などがあるのが限度
で ある。
Near White
Blast Cleaning

○ショットブラスト
○サンドブラストなど
SP−10 Sa−
2 1/2




完全に固着したミルスケールは残し、
固着しないミルスケール及び錆、腐
蝕物質、油脂、汚れ、その他異物質
を完全に取除いた表面。

但し、強固な残存物(ミルスケール、
錆、酸化物の僅かなシミや変色)は、
そ の対象としないが、もし表面に
孔蝕があれば、錆や塗膜の残存物が
その底に残るが、少なくとも表面の
2/3には、明瞭な残存物がなく残り
の面積にも 上記の様なわずかな変色、
シミや残存物があるのが限度である。
Commercial Blast
Cleaning
Power Tool Cleaning
○ディスクサンダー
○ワイヤホイール
○グラインダーなど
SP−6
(SP−3)
Sa−2
(St−3)




ワイヤーブラシ、スクレーパー等で、
浮いたスケールや錆、旧塗膜、油脂、
汚れ、その他異物質を除去する。

表面は、かすかな金属光沢を持つ程度である。
Hand Tool Cleaning

○ワイヤーブラシ
○スクレーパーなど
SP−2 St−2
<参考規格>
SSPC規格(U.S.A Steel Structual painting Councils) 
SIS規格(SWEEDEN,SVENSK Standard,S.I.S 055900)
防錆基準

弊社における組立完成品に関しては、下記基準で防錆処置を施行し出荷しています。

1.標準防錆仕様

(1)外部防錆

 工場出荷時、さび止め油も塗布して出荷しています。出荷後6ヶ月に1回は防錆状態を確認し、
 必要な場合は再防錆処置を行ってください。


(2)内部防錆


潤滑
グリース潤滑機種 オイル潤滑機種
防錆期間 1年 6ヶ月
保管条件 湿気、じんあい、激しい温度変化、腐食性ガス等のない環境であり一般的な工場屋内又は倉庫内で
の保管とします。

潤滑方式については、各製品情報の標準仕様をご覧下さい。
サイクロ減速機の潤滑方式は、こちらをご覧下さい。
バディボックスの防錆期間は6ヶ月です。


2.輸出防錆仕様

 輸出品や標準防錆以上の仕様を必要とする場合は輸出防錆処置を施行しますのでご照会ください。
このページのTOPへ戻る