TOP > 製品一覧 > ライタックス減速機
中空軸形の取扱いについて
 
■中空軸(ホローシャフト)形キー方式の取付、設計推奨例
 
1.被動軸の設計
  被動軸は下表の寸法表を参考に設計してください。
  中空軸をJIS H8公差にて製作しています。被動軸の推奨寸法公差は以下の通りです。
 
均一負荷で衝撃が作用しない場合 JIS h6またはjs6
衝撃荷重がある場合や、ラジアル荷重が大きい場合 JIS js6またはk6
 
2.被動軸への取付け
  被動軸表面および中空軸内径に二硫化モリブデングリースを塗布し、減速機を被動軸に挿入してください。
  はめあいがかたい場合は、中空出力軸の端面を木製ハンマで軽くたたいて挿入してください。この際、
  表19を参考に、図10のような治具を製作してご使用していただければ、よりスムーズに挿入できます。
 
3.被動軸からの取り外し
  ケーシングと中空出力軸の間に余分な力がかからないように注意してください。
  表19を参考に、図11のような治具を製作してご使用していただければ、よりスムーズに取り外すことが
  出来ます。
  取付、固定および取り外し用の治具はお客様にて準備ください。
 
図8 固定方法 図10 取付方法
図9 固定方法 図11 取外し方法
 
表19
枠番 中空軸(ホローシャフト) 被動軸
ΦD L LH LG LF L1 L2 L3 L4 L5
72 60H8 232 192 142 90 167 15 130 M20 40
82 60H8 266 266 168 98 189 15 140 M20 40
92
95
70H8 283 283 178 105 206 15 150 M20 40
102
105
80H8 320 320 200 120 237 20 170 M24 50
112
115
90H8 362 362 227 135 271 20 190 M24 50
枠番 治具
a b c d e f g h i j k
A1 ナット 寸切
ボルト
スラスト
軸受
A2 六角
ボルト
穴用C形
止め輪
外形
X幅
六角ボルト
(総ねじ)
A3 A4 A5 A6 A7 A8
72 13 M20 M20X350 51105 32 M20X80 Φ60 Φ60X25 M24X350 19 53 60 -0.1
-0.3
18 M24 5
82 13 M20 M20X350 51105 43.5 M20X80 Φ65 Φ65X25 M24X350 19 58 60 -0.1
-0.3
18 M24 5
92
95
13 M20 M20X350 51105 43.5 M20X80 Φ70 Φ70X25 M24X350 19 62.5 60 -0.1
-0.3
20 M24 5
102
105
15 M24 M24X450 51107 42.5 M24X85 Φ80 Φ80X31 M30X400 24 71 60 -0.1
-0.3
22 M30 6
112
115
15 M24 M24X450 51107 50 M24X85 Φ90 Φ90X31 M30X400 24 72 60 -0.1
-0.3
25 M30 6
 
4.被動軸への固定
  アタッチメント方式またはプレート方式にて回り止めの場合には、減速機を必ず被動軸に固定してください。
 
a.減速機が機械側に動かない固定方法例
図12 段付軸による固定 図13 スペーサによる固定
(被動軸段なし)
図14 セットビスとストッパー
リングによる固定
(被動軸段なし)
 
b.減速機が反機械側に動かない固定方法例
図15 スペーサと止め輪による固定 図16 エンドプレートによる固定 図17 セットビスとストッパー
リングによる固定
 
■中空軸(ホローシャフト)形クランプカラー方式(オプション)の取付、設計推奨例
 
1.被動軸の設計
  被動軸は表20の寸法表を参考に設計してください。
 
2.クランプカラーの取付け
  ・クランプカラーはボスを締め付ける面にグリースを塗布した状態で、減速機本体に付属して出荷します
   ので、そのまま組立できます。
   輸送中に両プレート間に詰めてある挿入物は、ボルトを全部緩めれば取り外すことが出来ます。
   今まで使用されていたクランプカラーを取り外して再使用するときは、まず分解して洗浄し、
   スライディングコーン、締付ボルト及びそのボルト頭と接触する面に二硫化モリブデングリース
   を塗布してください。
 (1)ボスの孔及びそれに接する軸は完全に脱脂してください。
 (2)クランプカラーを中空軸上にスライドさせてください。被動軸が中空軸の中に入るまでは、締付ボルト
     を締めないでください。
 (3)被動軸または減速機をスライドさせ、被動軸を中空軸に挿入してください。
 (4)ボルトを締める時、両プレートの面が平行になるように注意してください。この場合短い柄のスパナが
     作業に適当です。
 (5)クランプカラーが正しくセットされたことを確認した後で、適当な長さのスパナで締付ボルトを締め始めて
     ください。
     時計方向に(対角ではありません)均一に順番に両プレートを平行に保ちながら締めてください。
     この場合、各ボルトを1回に30°ずつ締めることをお勧めします。
 (6)締付終わったクランプカラーは、必ずトルクレンチでチェックしてください。規定のトルクはクランプカラー
     の銘板に記されています。
 (7)最後に両プレートが平行であるかどうかを調べてください。
 
図18 クランプカラー方式
中空軸寸法
図19 クランプカラー構造
 
表20 クランプカラー設計参考寸法
枠番 クランプカラー 中空軸(ホローシャフト) 被動軸(推奨設計寸法)
  据付ボルト   安全カバー
形式 d DS H ZS TA
N・m
J LZ LV LS U dw d1 D L1 L2 L3
72 S-60X75 75 138 32 M8 30 116 274 5 26 155 60h6 60.5 61h7 271 217 47
82 H-65X80 80 145 46 M10 59 133 322 5 12 163 65h6 65.5 66h7 319 251 47
92 H-70X70 70 155 50 M10 59 141.5 343 5 16 183 70h6 70.5 71h7 340 268 54
102 H-80X110 110 185 60 M10 59 160 400 15 21 203 80h6 81 82h7 397 305 75
112 S-90X125 125 215 54 M10 59 181 438 17 31 233 90h6 81 92h7 435 347 81
 
表21 締付ボルトの規定締付トルク
ボルト
(ISO 10.9・JIS 10T)
M5 M6 M8 M10 M12 M16 M20 M24 N27
締付トルク
N・m
6.9 11.8 29.4 57.8 98 245 480 823 1225
 
3.クランプカラーの取り外し
  ・クランプカラーの取り外しは、取付要領の逆の順序で行ってください。
  ・両プレートがスライディングコーンの上で傾かないように順番にボルトを少しずつ緩めてください。
  ・両プレートが平行でない場合、ボルトは絶対に取り外さないでください。両プレートが突然にスライディング
   コーンから飛び出してけがをする恐れがあります。そのため全てのボルトを軽く緩め、両プレートの間に
   くさびを入れて平行を出してください。
 
4.トルクアームによる回り止め
  トルクアームは減速機ケースの被動機械側に取り付けてください。取付には、六角穴付ボルトをご使用
  ください。(サイズは表22参照)
  トルクアームの回り止め部には、減速機と被動軸の間に余計な力がかからぬよう、自由度を持たせて
  ください。
  回り止めボルト等でトルクアームを固定することは、絶対に行わないでください。
  トルクアームは一定方向の連続運転、あるいは非常に起動頻度が少ない場合にのみ用いることが
  出来ます。
  始動・停止が多い場合および正逆の繰り返し運転の場合等は、トルクアームと取付ボルト(またはスペーサ)
  の間にゴムブッシュ等の緩衝材を取付け、衝撃を緩和するような処置をしてください。
 
トルクアーム(1)アタッチメント方式
部はお客様にてご用意ください。
 
隙間は機械の動きに合わせて無理な力及び
接触がかからない寸法に調整ください。
トルクアームと機械側ベースを固定(密着)
させて自由度が無い状態。
回り止めボルトや機械、減速機に無理な力が
働き破損の原因になります。


良い例


悪い例
図20 トルクアーム回り止め部取付例
 
 
トルクアーム(2)プレート方式
図21 トルクアーム回り止め部取付例
表22 六角穴付ボルトサイズ
枠番 ボルト
72、72DA M12
82、82DA M12
92、95、92DA M16
102、105、102DA M16
112、115、112DA M20
 
 
アタッチメント方式トルクアーム寸法(オプション)
表23
枠番 L1 L2 L3 L4 T r Φd
72 254 38 32 116 22 31 32
82 288 44 35 133 26 40 40
92、95 320 47 35 142 28 40 40
102、105 370 58 47.5 160 32 45 50
112、115 387 59 47.5 181 36 50 50
 
 
プレート方式トルクアーム寸法(オプション)
表24
枠番 L1 L2 L3 θ T r Φd
H9
72 290 105 26 60 30 45 30
82 310 121 28 45 30 45 30
92、95 360 128 31 60 35 55 35
102、105 400 146 35 60 35 55 35
112、115 460 164 38 60 40 60 42
 
 
5.フランジ取付(オプション )
  被動軸および減速機中空軸に対して、減速機ケースがこじられ、余分な力が発生しないよう、取付に
  ご注意ください。
 
良い例 悪い例 悪い例
図22 フランジ取付(オプション)の取付例