TOP > 製品一覧 > ハイポニック減速機® 15〜11kW プレミアム効率(IE3)モータ対応
取付の注意事項
中空軸(RNYM タイプ)

被動軸取付

被動軸長さについて



中空軸形減速機の出力軸に被動軸を取り付ける際、挿入する長さLは「推奨被動軸長さ」以上としてください。
推奨被動軸長さは、J13頁、表J10のL寸法を参照ください。

【ご注意】
(1) 被動軸軸径が細く、中空軸(出力軸)との間に隙間が発生した場合、フレッチング摩耗が発生しやすくなり、その摩耗粉がオイルシールに噛み込み、グリース漏れが発生する場合があります。
(2) 被動軸長さが短い場合、中空軸(出力軸)に無理な力が作用し、振動やグリース漏れが発生する原因となる場合があります。
(3) 被動軸キー有効長さが短い場合、キー及びキー溝が損傷しやすくなります。


トルクアーム取付/ フランジ取付

1. トルクアーム取付

(1) 被動軸への取付
被動軸表面および中空軸内径に二硫化モリブデングリースを塗布し、減速機を被動軸に挿入してください。
はめあいがかたい場合は、中空出力軸の端面を木製ハンマーで軽くたたいて挿入してください。
この際、ケーシングは絶対にたたかないでください。
また、右図のような治具を製作してご使用頂ければ、よりスムーズに挿入できます。
中空軸を、JIS H8 公差によって製作しています。
被動軸の推奨寸法公差は以下の通りです。
均一荷重で衝撃が作用しない場合………………………JIS h6 またはjs6
衝撃荷重がある場合や、ラジアル荷重が大きい場合…JIS js6 またはk6
スナップリングのサイズは、JIS B2804 C 形止め輪に依ります。

【ご注意】
(1) 金属製ハンマーは使用しないでください。
金属製ハンマーで中空軸(出力軸)端面を叩いた場合、オイルシールの接触が不均一になって、グリース漏れが発生する原因となる場合があります。
(2) 被動軸が中空軸にカジリながら組み付いた場合も、中空軸が変形し、グリース漏れが発生する原因となる場合があります。
(3) ケーシングおよびオイルシールを叩いた場合も、ケーシングの損傷、変形およびオイルシール損傷により、グリース漏れが発生する場合があります。


(2) 被動軸への減速機の固定…減速機を必ず被動軸に固定してください。

   a) 減速機が機械側に動かない固定方法( 例 図D3~ 図D5)



   b) 減速機が反機械側に動かない固定方法( 例 図D6~ 図D8)



(3) トルクアームの回り止め

トルクアームは減速機ケースの被動機械側に取り付けてください。
減速機ケースへの取付には、六角穴付ボルトをご使用ください。( ボルトサイズは、表D9 参照)
トルクアームの回り止め部には減速機と被動軸の間に余分な力が掛からぬ様、自由度をもたせてください。
回り止めボルトで決してトルクアームを固定しないでください。
回り止めボルト、トルクアーム、減速機、機械側の破損の原因となります。
始動・停止頻度が多い場合及び、正逆の繰り返し運転の場合等は衝撃による部品の摩擦を防ぐためにトルクアームと取付ボルト( 又はスペーサー) の間にゴムブッシュ等の緩和材をご使用ください。





表D9  六角穴付ボルトサイズ ( 減速機ケース取付用)
枠番 ボルト
03 M5
07, 17, 1010, 1110, 1120 M6
1210, 1220, 1230, 1240 M8
1310, 1320, 1330, 1340, 1410,1510 M10
1420, 1430, 1440, 1520, 1521,1522, 1634 M12
1530, 1531 M16
1630, 1631, 1632, 1633, 1640 M20


【ご注意】
(1) 減速機の中空軸は、必ず固定させてください。
減速機中空軸が固定されていない場合、減速機運転時の振動及び機械側からの振動により、中空軸も振動してオイルシールの密封性が不均一となり、グリース漏れの原因となる場合があります。
また、上記原因で減速機内部が破損する場合もあります。
(2) ストッパーリングや止め輪との間に隙間がある場合も、振動が発生する場合があります。
(3) トルクアームの回り止め部を固定すると、被動軸の動き対し、ケーシング側が追従できなくなり、中空軸に無理な力が発生し、オイルシールからグリス漏れが発生したり、減速機が破損する原因となる場合があります。


(4) 被動軸からの取り外し

ケーシングと中空出力軸の間に余分な力がかからないようご注意ください。
右図の様な治具をご使用して頂ければ、よりスムーズに取り外すことができます。



2. フランジ取付

フランジ取付をする場合、先に減速機を取付け、その後被動軸を中空軸に組付けてください。
次に、被動軸に軸受ユニットを組付け、軸振れが無いことを確認し、軸受ユニットを固定してください。