TOP > 製品一覧 > ASTERO
 
 CAUシリーズ インダクションモータTOP | 標準仕様 | 特性 | 寸法図
 
特性
 
1.ユニットタイプコントローラの特性
コントローラとモータがセットのユニット製品です。モータとコントローラ
をワンタッチで接続するため別途結線が要りません。速度調整は、外部
に取り付けられているボリュームで簡単に行えます。コントローラには速
度制御回路、モータ用コンデンサ、速度設定器などが取り付けられてい
ます(一部機種はコンデンサ内部取り付けです)。ユニットタイプスピー
ドコントローラは、瞬時停止機能はありません。別売りしている延長線を
使うと、モータとコントローラを最大4.8mまで放して速度制御ができます

図1 ユニットタイプスピードコントローラの正面図
2.使用方法

1)運転
コントローラとモータのリード線をコネクタで接続し、プラグコードをAC
電源に接続します。コントローラの「RUN/STOP」スイッチを「RUN」側に
すると、モータ出力軸から見て時計方向にモータ軸が回転するように出
荷時に接続されています。


2)速度調整
コントローラの「SPEED VOLUME」で速度の調節を行います。
50Hzでは90〜1400[r/min]、60Hzでは90〜1700[r/min]の範囲で、モ
ータのスピードが調節できます。


3)停止
コントローラの「RUN/STOP」スイッチを「STOP」側にすると、モータは
停止します。このスイッチは電源のON-OFFではないため、モータを長
時間停止する場合には、別途電源用スイッチを設置してOFFにしてくだ
さい。

図2 ユニットタイプスピードコントローラの側面図
 
  4)回転方向の切り替え(図3)
 電源を@ACとAACに接続下さい。
 接続の際には必ず電源をOFFにした後行ってくださ
  い。


  ・連続で一方に運転する場合
   回転方向が時計回りの場合CCOMとECWの端子
   を短絡


  ・回転方向が反時計回り場合
   CCOMとDCCWの端子を短絡


  ・正/逆回転を運転する場合
   (図3)のように電源用スイッチ(SW1)と正/逆回転の
  切り替えスイッチ(SW2)を設置し、回転方向を切り替
  えてください。
   瞬時正/逆回転はできません。電源用スイッチ(SW1
   )を切り、モータを完全に停止した後、スイッチ(SW2
   )を切り替えてください。


  5)外部速度表示
  F、Gは、回転速度出力端子です。
  2000r/min、AC10V相当品を接続してご使用下さい
  。











  3.取り付け方法
  結線図
1.6W〜40W 00V・200V級、60〜90W 200V級
スイッチ番号 スイッチ接点容量
SW1 AC125VまたはAC250V/5A以上
SW2 AC125VまたはAC250V/5A以上
端子
番号
端子内容
@ 単相AC電源
A
B アース端子
C 回転方向切替端子:COM
D 回転方向切替端子:CCW
E 回転方向切替端子:CW
F 外部速度表示用出力
G
 
2.60〜90W 100V級
スイッチ番号 スイッチ接点容量
SW1 AC125VまたはAC250V/5A以上
SW2 AC125VまたはAC250V/5A以上
端子
番号
端子内容
@ 単相AC電源
A
B アース端子
C 回転方向切替端子:COM
D 回転方向切替端子:CCW
E 回転方向切替端子:CW
F 外部速度表示用出力
G
 
図3 ユニットタイプコントローラの裏面