TOP > 製品一覧 > ASTERO
 
 レバーシブルモータTOP | 標準仕様 | 構造、動作原理 | 動作時間と温度上昇 | 選定手順(平行軸ギヤヘッド
 、直交ギヤヘッド・中空軸直交ギヤヘッド・中実軸) | サービスファクター | 慣性モーメント
 
動作時間と温度上昇
 
(1)動作時間と温度上昇
レバーシブルモータは、運転サイクルによって温度上昇が異なり、時間定格(30分)より長く使用できる場合があります。


図1は6通り(A〜F)の運転サイクルを示します。図2〜7は図1の運転サイクルで使用した場合の温度上昇特性を示します。
これらの特性は、最も温度上昇の厳しい無負荷にて測定した特性です。


ご使用の際には、使用する運転サイクルに最も近いパターンを図1から選択していただき、図2〜図7の対応する温度上昇特性グ
ラフから、そのパターンでの温度上昇が60℃(ファン付のモータは45℃以下)を超えない範囲でお使い下さい。
 
図1 レバーシブルモータ 運転サイクル
 
図2 図3
図4 図5
図6 図7