TOP > 製品一覧 > サイクロ減速機 精密制御用 Aシリーズ
 
構造と特長
 
(1)FC-Aシリーズ
図6
●特長
1.低バックラッシ
 最適荷重バランスで安定した低バックラッシを達成しました。

2.コンパクト
 3枚曲線板の採用により荷重を分散、更にコンパクトになりました。

3.高速軸支持型
 高速軸が軸受支持されていますので部品を追加することなくラジアル荷重のかかる仕様が可能です。

4.低振動
 3枚曲線板が最適な荷重バランスを達成。その優れた安定性が低振動を実現しました。

5.高剛性
 出力取出ピンの本数増加、荷重分散により剛性が向上しました。

6.高効率
 転がり接触機構と最適荷重バランスが高効率を実現しました。

7.長寿命
 同時かみ合い数の大きな連続曲線歯形は衝撃に強く、また主要減速機構部には耐摩耗、耐疲労性に
 富む高炭素高クロム軸受鋼を使用していますので長寿命です。

8.保守性良好
 出力側フランジと減速部は分離できますので、保守が容易です。

9.組込性良好
 グリースが封入されていますのでそのまま装置に組込むことが可能です。

(2)F1C-Aシリーズ (3)F2C-Aシリーズ
図7 図8

●特長
(1)F1C―Aシリーズ
 FC-Aシリーズの特長に、クロスローラ軸受のインナーレースと減速機の出力軸フランジを共用することで、
 径方向・幅方向共驚異的なコンパクト性を実現し一層使いやすくなりました。

(2)F2C―Aシリーズ
 F1C―Aシリーズのクロスローラ軸受を大容量のテーパローラ軸受に変更することで、さらに径方向・幅方向
 のコンパクト化を達成すると共に、許容モーメントの大幅アップを実現しました。
FC-Aシリーズの特長
1. 低バックラッシ
2. コンパクト
3. 高速軸支持
4. 低振動
5. 高剛性
6. 高効率
7. 長寿命
8. 保守性良好
9. 組込性良好
+
F1C-Aシリーズの独自の特長
トータルコストダウン
軸受支持による組立工数の短縮はもちろんのこと、メンテナンスフリーグリース(アルバニアRA)を採用により、ランニングコストも低減し、トータルコストダウンを実現します。


外部荷重支持
従来、入力側荷重支持が可能であったFC―AシリーズサイクロR減速機に新たに高剛性・コンパクトなクロスローラ軸受を内蔵することで、入出力側共減速機本体でラジアル荷重(モーメント)を受けることが可能になりました。

F2C-Aシリーズの独自の特長
トータルコストダウン
入出力軸とも軸受支持され、さらに密封構造であるため、そのままご使用の機械に組込めます。そのため、組立工数の短縮はもちろんのこと、メンテナンスフリーでランニングコストも低減し、トータルコストダウンの実現が可能です。


コンパクト・許容支持外部荷重がさらにアップ
クロスローラを用いたF1C-AシリーズサイクロR減速機よりもさらに大容量・コンパクトなテーパローラ主軸受を内蔵することにより、コンパクトかつさらに大きな出力側ラジアル荷重(モーメント)を受けることが可能になりました。