住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社


◆SHI-Direct vol. 1601◆ギヤモータの電源について

◆SHI-Direct vol.1601/01/28◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃役に立つ実践 アプリケーション&技術情報

┃今号の目次

┃◎ アプリケーション&技術情報
┃ └ ギヤモータの電源について
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇「SHI-Directメール」は住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
http://www.shi.co.jp/ptc/
◇ このメールは送信専用です。
本メールに返信されましても返答できませんのでご注意ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ WEBサイト情報
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┏━┓
┃★┃メンテナンス情報モバイルサイト公開のお知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
潤滑油、ブレーキ関連などメンテナンス情報を集約したスマートフォン、タブレット
専用サイトを公開しました。
※ なお、PCブラウザからでもご利用できます。
モータ電流値、新旧機種枠番変遷などメンテナンスのお役に立つコンテンツを順次
追加予定です。

ぜひ現場などでご活用ください。
http://cyclo.shi.co.jp/smt/


■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ ギヤモータの電源について
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ギヤモータを運転するには、電源が必要となります。電源仕様は、国内で使用する地域
によって異なります。海外でも国、地域により電源仕様が異なりますので、注意が必要
です。

ここでは、ギヤモータに供給される電源仕様に対して、どのように対応していくのか
説明いたします。

┏━┓
┃★┃1.単相電源について
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
国内の単相電源の仕様は100V 50/60Hzまたは、200V 50/60Hzが
標準です。単相電源で、ギヤモータを一定速で運転する場合、単相誘導モータ付
ギヤモータとなります。

単相電源にてモータを可変速運転する場合は、以下の2つの方法があります。
① スピードコントローラ+単相モータ
 速度フィードバックによる、電圧制御となります。
 専用の単相誘導モータと制御装置のセットで使用できます。
 弊社のアステロ減速機で、シリーズ化(6W~90W)しています。
 なお、可変速範囲は、90~1700r/minとなります。

② 単相入力インバータ
 単相誘導モータは、インバータ運転ができませんので、注意が必要です。
 単相誘導モータのコンデンサが、インバータの高調波成分により発熱し、
 破損する場合があるからです。そのため、単相入力インバータ+三相誘導
 モータの組み合わせとなります。
 インバータは、入力電源が単相電圧(100Vまたは200V)となりますが、
 三相200V出力となるため、三相誘導モータが使用できます。
 弊社の単相入力インバータ(HF-520/HF-X20)の容量範囲は、
 0.2~2.2kWとなります。

┏━┓
┃★┃2.三相電源について
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
国内で使用されるギヤモータの電源仕様は、いわゆる三定格が標準となります。
・200V級は、200V 50Hz/60Hz 220V 60Hz
・400V級は、400V 50Hz/60Hz 440V 60Hz

三相電源のため、一般的には、三相誘導モータがギヤモータに適用されています。
なお、自家発電などの440V 50Hz、220V 50Hzなどの電源は、ギヤモータ
として特殊電圧となります。一定速で運転する場合は、三定格のモータを適用せずに、
特殊電圧仕様のモータを適用してください。

ギヤモータに定格以上の電源電圧が印加されると、モータの無負荷電流値が増加します。
また、負荷が増加するにつれて電流が増加するため、モータが異常発熱することがあり
ます。ギヤモータに供給される電源電圧の仕様確認と、ギヤモータの電源仕様の整合性が
重要となります。

特に海外で使用される場合は、国、地域の海外規格、電源仕様に適合したギヤモータを
選定する必要があります。

┏━┓
┃★┃3.ギヤモータのインバータ運転
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
インバータ運転の場合、ギヤモータの電源仕様は、インバータの最大出力電圧に合わ
せます。通常は、インバータのパラメータ設定として、基底周波数60Hz、出力電圧は
200V級の場合、200V、400V級は400Vとなります。

そのため、国内では、一般的に三定格の三相誘導モータが適用されることになります。
インバータは、電源入力電圧以上の電圧が出力できませんので、ギヤモータの電源仕様
との整合性が必要です。


以上、ギヤモータに適用される電源について簡単に説明いたしました。
国、地域の電源仕様に適合したギヤモータを選定することにより、ギヤモータの故障
低減、長寿命化にもつながります。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
皆様のご希望に沿いテーマアップいたしますので是非ご意見お寄せください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
皆様のご要望に沿った情報の公開を行っております。ご希望、ご要求を
お客様相談センターへお聞かせ下さい。

※ご登録に心当たりのない場合、複数のメールが届いた方、
配信停止や配信アドレスの変更は、下記のURLより可能です。
http://www.shi.co.jp/ptc/
お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 : 住友重機械工業株式会社PTC事業部
□問い合わせ先:
http://www.shi.co.jp/ptc/
お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2016 Sumitomo Heavy Industries,Ltd. AllRights Reserved.
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
 
ページのトップへ▲