住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社

SHI-Direct vol.1606 2016/7/28付けメールマガジンで配信の「減速機、ギヤモー タの潤滑方式と取付」で標準潤滑仕様と取付方向の相違による潤滑方式を ご紹介いたしました。

住友のギヤモータは、お客様の用途に合わせた特別仕様の製品も用意しています。
今回は、潤滑剤の違いから見た特殊仕様「低温仕様、高温仕様、食品機械用仕様」
製品をご紹介いたします。

1.低温仕様への対応について

特に冷凍庫内で使用される機器に搭載される場合が多い特殊仕様です。

■使用可能な温度範囲

低温範囲(例:-30℃~-10℃)での運転に限定した特殊仕様です。
標準仕様の温度環境下で運転を行う場合、制限や使用不可能な場合があります。
製品のご採用検討時に、仕様の確認をお願いいたします。

■各シリーズの対応について

1.ハイポニック減速機
ハイポニック減速機の低温専用のグリースを使用。
使用温度範囲  :-30℃~-10℃
常温(試運転用):100%負荷で500時間運転可能

2.プレストNEOギヤモータ
プレストNEOギヤモータの低温専用のグリースを使用。
使用温度範囲  :-30℃~-11℃
常温(試運転用):100%負荷で200時間運転可能

3.アルタックスNEOギヤモータ
都度ご使用条件を頂き、個別対応させて頂いております。

■各機種専用の低温用グリース採用で、冷凍庫で従来難しかった 常温下の試運転にも、一定時間の使用に耐えることができます。

低温仕様の部品については、オイルシールなどのゴムや樹脂製部品を 等の部品変更が伴います。
例)サイクロ減速機では、オイルゲージ、給油栓が異なり、更に 機種によりフレーム材質他の変更があります。
ギヤモータとして全体的な見直しがされた専用機種です。

2.高温仕様への対応について

加熱炉の側の駆動など周囲温度の高い環境下での使用に必要な仕様です。

■各シリーズの対応について

1.ハイポニック減速機、プレストNEOギヤモータ、アルタックスNEOギヤモータ各シリーズは高温仕様に対応しておりません。

標準仕様の40℃が周囲温度の上限になります。
これを超える周囲温度の場合は、サイクロ減速機、べべルバディボックス減速機などで対応いたします。

2.サイクロ減速機、べべルバディボックス減速機
40℃を超える場合は専用に高温仕様を用意しています。
使用する潤滑材は、周囲温度にあった粘度のオイルを都度指定となります。
選定されたギヤモータの形式により運転時間、負荷などを制限する条件が付く場合があります。注意してください。

部品については低温仕様と同様に、オイルシールなどのゴムや樹脂製部品をはじめとした部品変更が伴います。例えばサイクロ減速機では、オイルゲージ、給油栓が代表的なものであり、機種によりこの他にも変更があります。 また、モータ部では耐熱クラスを上位のクラスに変更する場合があります。

3.その他の減速機
都度対応となります。ご照会下さい。

3.食品機械への対応について

食品機械用グリースを採用した特殊仕様を用意しています。
減速機の潤滑には、H1グレードグリースを採用しています。
グリースは機種により異なっており、H1グレードグリースの使用による 性能の相違も異なります。ご照会下さい。

※H1グレードグリース
偶発的に食品に接触する可能性のある箇所での使用が可能なグリース

http://cyclo.shi.co.jp/news/pdf/L1901-5.2.pdf

■各シリーズの対応について

1.ハイポニック減速機、プレストNEOギヤモータ
H1グレードグリース仕様での定格の低下はありません。
カタログ記載の仕様でご使用になれます。

2.アルタックスNEOギヤモータ
H1グレードグリースには対応していません。
プレストNEOギヤモータで選定ください。

3.サイクロ減速機やベベルバディボックス減速機
H1グリース対応可能です。
対応可能ですが、運転時間や負荷率が制限されます。
この為、SF(サービスファクター:安全率)が下がります。
選定形式に対して枠番の見直しが必要になる場合があります。
標準品のオイル潤滑機種にもH1グレードグリースへ対応が可能です。
この際は更にオイル機種からグリース機種への変更になるため、運転時間や負荷率に制限 SFの低下に伴い、枠番の見直しが必要な場合があります。

最新のオプションをご紹介!「産業用ギヤモータで初めてSIAAを取得」

食品機械向けに、SIAAマーク表示の抗菌塗装オプションの対応を始めました。
H1グレードグリース対応と合わせ更に最適化出来ます。

対象製品)
ハイポニック減速機、プレストNEOギヤモータ、アルタックスNEOギヤモータ

■仕様

塗料にサブミクロンサイズまで粉砕された無機系抗菌剤を配合した抗菌塗装です。
大腸菌・黄色ブドウ球菌に対して優れた抗菌性を実現しました。

SIAA(抗菌製品技術協議会)を2016年9月に取得しました。

抗菌剤種類:無機系抗菌剤
加工方法 :吹き付け塗装(低温焼き付け)
加工部位 :ギヤモータケース・カバー表面
登録番号 :JPO122314A00001P

抗菌効果は公的監査機関で国際基準の試験方法ISO22196(JIS Z 2801)で 抗菌性を確認しております。

標準の焼き付け塗装の上に更に抗菌塗装を行っています。

キーワードで探す