住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社

弊社の減速機は、お客様の機械仕様に合わせて様々な減速比をご用意しております。
同一シリーズで、特に低減速比(ここでは10比以下)については、最適の性能とするために、特別な仕様の製品をラインナップに加えています。
今回、製品ラインナップ中での対象の製品の紹介と選定の際の注意点などを説明します。

1.サイクロ減速機シリーズ

1)サイクロ減速機6000シリーズ
サイクロ減速機6000シリーズは、6以上の減速比で曲線板を用いた独自の優れた減速機構の製品です。
小型機種で減速比6~10以下の低減速比は6000SKシリーズを用意しています。

2)サイクロ減速機6000SKシリーズ (小容量対象)
・形式の区別  :枠番が 6070SK などと”SK”が記載されます。
・対象モータ容量 :0.4kW~5.5kW
・減速比    :2.5、 3、 4、 5、 6、 8、 10を用意
※ 公称減速比の表記で、実減速比と異なります。(整数比ではありません。)
・減速機構   :インボリュート歯車による平行軸歯車減速方式
・潤滑     :グリース潤滑方式。定期的な補給が必要。
・取付姿勢   :取付方向は水平/垂直の指定が必要。取付方向自由の仕様は、製作不可。
・回転方向   :出力軸回転方向は入力軸回転方向と同じ。

3)サイクロ減速機低減速比シリーズ (中容量対象)
・型式の区別  :形式先頭が”P”になります。  例) PHHM、PVVM
・対象モータ容量 :7.5kW~18.5kW
・減速比    :3、 5
※ 公称減速比での表記で実減速比と異なります。
・減速機構   :単純遊星歯車減速機構
・潤滑     :油潤滑方式
・取付姿勢   :取付方向は水平/垂直の指定が必要。取付方向自由の仕様は、製作不可。
・回転方向   :出力軸回転方向は入力軸回転方向と同じです。

2.アルタックスNEOシリーズ

1)アルタックスNEOシリーズ
アルタックスNEOシリーズは、サイクロ減速機の減速機構を採用した小型ギヤモータです。
サイクロ減速機と同様に1段形は、6以上の減速比でサイクロ減速機と同様の構造を採用し、減速比3、5の低減速比及びこれを組合せた2段減速比のラインナップに特色があります。

2)低減速比3、5でのトラクションドライブの採用
・形式の区別  :枠番に 507R などと”R”または”S”の記号があります。
         1段形の例)CNHM01-507R-3 やCNVM2-509R-EP-5
         2段形の例)CNHM01-5097DR-175 やCNVM1-5127DR-EP-295
・対象モータ容量 :0.1kW~2.2kW
・減速比    :3、 5
※ 但し運転負荷状況によって、公称減速比×(0.997~1.003)で実減速比は変化

・減速機構   :遊星ローラ使用の遊星トラクションドライブ機構
・潤滑     :長寿命グリース潤滑方式
・取付姿勢   :取付方向自由
・回転方向   :1段形の出力軸回転方向は、入力軸回転方向と同じ。2段形は逆。

・上記のように遊星トラクションドライブ機構は、歯車ではなく、ローラを組込むことにより滑らかな駆動となり静音性が格段に向上しています。

・トラクションドライブ機構の機種のご使用の際に注意いただく点
①トラクションドライブ機構では負荷により実減速比が変化(すべりの発生)するため位置決めでは、制御方式によって位置ずれを起こす場合があります。
②激しい衝撃荷重や負荷変動の大きい用途への適用上の注意
機構内のローラーの摩耗により、寿命が短くなる可能性があります。
特に急峻な激しい衝撃を受けた場合、ローラの接触面が空転し動力が伝わらない現象が発生する可能性があります。
アプリケーションとして、昇降用機器への仕様には注意が必要です。

・旧品のアルタックスからアルタックスNEOへの置換えの場合
旧品では遊星歯車減速機構を採用しており、アルタックスNEOの機構と異なります。
この性能の相違により、アルタックスNEOへの置換えに問題がある場合は、代替提案の検討が必要となりますので、弊社代理店へご相談ください。

3.プレストNEO減速機シリーズ

プレストNEOは、シリーズの全て同一機構となっています。
低減速比も同じ減速機構でご使用いただけます。
モータ容量により一部の減速比が異なっていますので紹介いたします。

・対象モータ容量と減速比 :
①40W~90W   /  5、 7.5、 10、 12.5、 15、~
②0.1kW~2.2kW /  3、 5、   10、     15、~
※ 公称減速比の表記で、実減速比と異なります。
・減速機構   :インボリュート歯車による平行軸歯車減速方式
・潤滑     :長寿命グリース潤滑方式
・取付姿勢   :取付方向自由
・回転方向   :出力軸回転方向は減速比、枠番により決まります。

4.ハイポニック減速機シリーズ

低減速比も同じ減速機構で、同様にご使用いただけます。
モータ容量及び、中空軸タイプと、中軸軸タイプで減速比の構成が若干異なります。
(中実軸タイプには フランジ取付と脚取付を用意しています。)

・対象モータ容量と減速比:
①15W~90W/ 5、 7.5、 10、 12、 15、~
②0.1kW~2.2kW:取付方法により異なります。
中空軸は7を採用。 中実軸(フランジ取付、脚取付)は7.5を採用。
※ 公称減速比の表記で、実減速比と異なります。
・減速機構   :ハイポイドギヤとインボリュート歯車の組合せ
・潤滑     :長寿命グリース潤滑方式
・取付姿勢   :取付方向自由
・回転方向   :出力軸回転方向は減速比、枠番により決まります。

5.パラマックス9000シリーズ

カタログでは2段形減速比6.3以上のラインナップで紹介していますが、
1段形も用意しています。
減速比は1.25、1.6、2.0、2.5、3.15、4.0、4.5、5.0があります。
ご検討いただける方は、弊社代理店までご照会ください。

キーワードで探す