住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社


◆SHI-Direct vol. 1410◆トップランナーモータ(IE3モータ)のインバータ運転

◆SHI-Direct vol.1410/10/30◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃役に立つ実践 アプリケーション&技術情報

┃今号の目次

┃◎ Webサイトからのお知らせ
┃ └ メンテナンスのご案内
┃ └ 小形簡単選定はプレミアムモータ(IE3)対応についてご案内

┃◎ ドッド・フランク法 コンゴの紛争鉱物

┃◎ アプリケーション&技術情報
┃ └ トップランナーモータ(IE3モータ)のインバータ運転
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇「SHI-Directメール」は住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
http://www.shi.co.jp/ptc/
◇ このメールは送信専用です。
本メールに返信されましても返答できませんのでご注意ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ WEBサイトのお知らせ
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┏━┓
┃★┃メンテナンスのご案内
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
WEBサイトは下記日程でシステムメンテナンスを実施する予定です。

■ メンテナンス期間
2014年11月11日(火)12:00 ~ 16:00

メンテナンス中は、WEBサイトをご利用できませんので、お客様にはご迷惑をおかけ
いたしますが、ご理解、ご了承のほどよろしくお願い致します。
※ ンテナンスの開始・終了時間は、状況に応じて、前後する場合がございます。
ご了承いただけますと幸いです。

┏━┓
┃★┃小形簡単選定はプレミアムモータ(IE3)対応についてご案内
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
小形簡単選定はプレミアムモータ(IE3)対応になりました。ぜひご活用ください。
http://cyclo.shi.co.jp/apps/simple-selection/

┏━┓
┃★┃メンテナンス情報モバイルサイト公開のお知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
潤滑油、ブレーキ関連などメンテナンス情報を集約したスマートフォン、タブレット 専用サイトを公開しました。
※ なお、PCブラウザからでもご利用できます。
モータ電流値、新旧機種枠番変遷などメンテナンスのお役に立つコンテンツを順次
追加予定です。

ぜひ現場などでご活用ください。
http://cyclo.shi.co.jp/smt/


■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ ドッド・フランク法 コンゴの紛争鉱物
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

コンゴ民主共和国は1960年の独立以来、内戦が絶えず、国連武器禁輸国・地域に
指定されています。
豊富な鉱物資源が反民主的勢力の資金源になっているので、国際社会では紛争地域
から鉱物を輸入しないようにつとめています。
これを「ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法 
Dodd–Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act」略して
ドッド・フランク法と呼びます。

住友重機械工業は、国際社会への責任を果たすため、紛争地域から特定鉱物を調達
しないことをHP上で宣言しています。
http://www.shi.co.jp/company/material/policy/index.html

※ コンゴ民主共和国(DRC = Democratic Republic of the Congo)と
コンゴ共和国 Republic of the Congoは違う国です。


■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ 技術情報:トップランナーモータ(IE3モータ)のインバータ運転
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2015年4月から高効率モータ規制(トップランナーモータ規制)が施行されますが、
このモータをインバータ運転されるケースも出てきていると思います。
今回は、トップランナーモータのインバータ運転をテーマに上げます。

┏━┓
┃★┃従来のインバータ運転と異なる点
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

1)インバータで定トルク運転を行う時の、始動時や極低Hz域のトルクブースト調整

インバータ運転の初期調整でトルクブーストを調整されることは多いと思います。
特に小形容量域( ~3.7kW)のモータでは大きなトルクを得るために
必ずと言っていいほどのパラメータです。
これは、モータ自身の内部抵抗による電圧降下が発生するため、この降下分を補償
する調整で手動と自動の2種類があります。

この補償を過度に行った場合、過励磁状態となり過負荷や、過電流トリップを招く
原因となります。また、負荷に対してこの補償が不足する場合も同様に不足した電
圧を補うためモータに電流を多く流れ、トルクを確保しようとするため、過負荷エラー
の原因にもなります。
この様なことから使用する状況に合わせトルクブースト調整が必要となります。
ここまでは、従来のモータをインバータ運転する場合の内容ですが、

トップランナーモータのインバータ運転では、この調整を従来と同様のトルク補償
量を設定した場合は、モータに対して更に過補償となり、過電流、過負荷トリップ
を引き起こしてしまします。
特に、インバータは更新せず、モータだけをトップランナーモータに更新し、設定値
をそのままに運転した場合は、以前より電流が多く流れ低速や始動時の不具合が
生じます。

これは、トップランナーモータ(IE3モータ)のモータ特性に起因します。
高効率(IE3)を得るために、モータの銅損軽減を行っています。
銅損軽減のため従来に比べ抵抗値の低くく、径の太い巻線がモータに採用され、
モータ自身の電圧降下(ロス分)が少なくなっています。
この様なモータに従来と同様のトルクブースト調整を行うと過補償になってしまいます。

ポイント:従来の汎用モータ(小形)よりトルクブーストは少なめに!
※ トルクブーストは補償量が多くても少なくても電流が増加します。
  最適状態で電流値が下がります。

※ 自動トルクブーストを行うためにオートチューニングが必要な機種も有ります。
  うまくチューニングが出来ない場合は、手動ブーストを試してください。 


2)トップランナーモータをセンサレスベクトル運転する場合

既設のインバータでトップランナーモータをセンサレスベクトル運転する場合、
オートチューニングを行い運転するようになりますが、インバータの世代によっては
上手くチューニング出来ず、エラーを起こしてしまう事があります。
この場合、制御モードをV/f制御運転に設定して運転を行ってください。
また、トルクブースト調整を併せて行ってください。


3)周辺機器

トップランナーモータは定格電流値が従来の汎用モータに比べ少し高くなっています。
ブレーカやサーマルリレーの定格が低めの場合、トリップの原因となります。
モータ定格に合わせ機器の再見直し、再設定を行ってください。  


4)トップランナーモータ(IE3)と従来モータ(IE1)でインバータ運転時に異なる点
 
1.定格電流値が変わっています。一般的な傾向として少し高くなっています。
電子サーマルの設定電流値を正しく設定してください。

2.トップランナーモータはモータのすべりが少なくなっています。
従来のインバータ運転で設定していた周波数指令ではモータ速度が早めになって
しまいます。実際の速度をチェックし、周波数指令を調整してください。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
皆様のご希望に沿いテーマアップいたしますので是非ご意見お寄せください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
皆様のご要望に沿った情報の公開を行っております。ご希望、ご要求を
お客様相談センターへお聞かせ下さい。

※ご登録に心当たりのない場合、複数のメールが届いた方、
配信停止や配信アドレスの変更は、下記のURLより可能です。
http://www.shi.co.jp/ptc/
お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 : 住友重機械工業株式会社PTC事業部
□問い合わせ先:
http://www.shi.co.jp/ptc/
お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2014 Sumitomo Heavy Industries,Ltd. AllRights Reserved.
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。



 
ページのトップへ▲