住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社

誘導モータはモータの種類、負荷、モータ容量によって回転数が異なります。

カタログでは定格負荷(100%)の際のすべり(%)を採用しています。
すなわち、50HZで1450r/min  60HZで1750r/minをモータの回転数(代表値)としてギアモータの出力回転数を記載しています。
※ 同期回転数:すべりが発生していない回転数 50Hzで1500r/min、60Hzで1800r/minになります。

1.モータ特性の負荷率とすべりの関係

実際のモータ特性の負荷率とすべりの関係は次のようになります。

■ 0.2KW(50Hz)の単相モータは下記となります。

負荷率:25%  すべり:1.12%
負荷率:50%  すべり:1.83%
負荷率:75%  すべり:2.68%
負荷率:100% すべり:3.40%

また50%程度の負荷率ではすべり量が約1/2となります。そのため使用される減速機の実減速比を確認して、すべりを考慮した減速機の回転数を確認していただくことができます。

■ 0.2KW(50Hz)の三相モータは下記となります。

負荷率:25%  すべり:1.44%
負荷率:50%  すべり:2.87%
負荷率:75%  すべり:4.49%
負荷率:100% すべり:6.39%

この様に0.2KWのモータでも単相、三相で“すべり”の量が異なります。
特に商用電源で駆動する小容量のモータの場合は負荷率と“すべり”を確認してください。

2.モータのすべりの量はモータの容量によっても変わります

モータのすべりの量はモータの容量によっても変わります。モータの容量が小さくなるとモータのすべりが増加します。

カタログではモータ特性表に100%負荷の場合を記載しています。
モータ容量(三相)の異なる25Wのすべりを記載いたします。
※ 0.2KWと比べ40%程度“すべり”が増加しますのでその違いをご確認ください。
※ 回転数では約40r/minの違いになります。

■ 0.025KW(50Hz)の単相モータは下記となります。

負荷率:25%  すべり:2.60%
負荷率:50%  すべり:4.47%
負荷率:75%  すべり:7.20%
負荷率:100% すべり:11.1%

■ 0.025KW(50Hz)の三相モータは下記となります。

負荷率:25%  すべり:1.92%
負荷率:50%  すべり:3.77%
負荷率:75%  すべり:6.15%
負荷率:100% すべり:9.05%

3.公称減速比と実減速比

減速比を検討する上で減速機の減速比で公称減速比を使用していて実減速比と異なるシリーズがあります。

この公称減速比と実減速比の違いですが住友のシリーズでは
■ サイクロ、アルタックスNEO 
公称減速比=実減速比

■ アステロ、ハイポニック、プレスト、パラマックス
公称減速比とは別に実減速比が存在します。これは公称減速比に近いギアの製作をしますが構造上どうしても公称減速比とずれが生じる為、実減速はカタログに記載しています。

以上のようにモータのすべりと実減速比を考慮してモータ及びギアモータの選定をしていただければお客様が実際に使用していただく回転数を推定することができます。

4.IE3高効率モータ付ギアモータ

2015年4月1日からIE3対応した高効率モータ付ギアモータに切替りますが、このIE3モータはすべりの少ない特性のモータになるためIE3モータで減速機を選定する場合は従来の減速比を一度見直しすることをご推奨いたします。

キーワードで探す