住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社

◆SHI-Direct vol.1207/07/31◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃役に立つ実践 アプリケーション&技術情報

┃今号の目次
┃◎ Webサイトからのお知らせ
┃ └ べベル・バディボックス5シリーズコンテンツ追加

┃◎ アプリケーション&技術情報
┃ └ ギヤモータで駆動する装置の始動と停止時間
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇「SHI-Directメール」は住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
http://www.shi.co.jp/ptc/
◇ このメールは送信専用です。
本メールに返信されましても返答できませんのでご注意ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ Webサイトからのお知らせ
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┏━┓
┃★┃べベル・バディボックス5シリーズコンテンツ追加のお知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
製品情報に「べベル・バディボックス5シリーズ」コンテンツを追加しました。
http://cyclo.shi.co.jp/product/gmoter/buddybox/index.html

■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ 技術情報:ギヤモータで駆動する装置の始動と停止時間
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回は装置をギヤモータで駆動する場合、その装置が定常回転数までになる時間(始動時間)
を推定したい場合や、ブレーキ付きギヤモータで停止するまでの時間(制動時間)を推定する
場合の計算式を、全電圧始動の場合でご紹介します。

┏━┓
┃★┃1.始動時間の算出式
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

ts =(Jm+Jc+Jl)× n/ 9.55 × Ta (sec)

Jm:モータ(ブレーキ部を含む)の慣性モーメント(kg・㎡)
・・・ギヤモータのカタログ参照
Jc:モータ軸に換算したギヤヘッド(減速部)の慣性モーメント(kg・㎡)
・・・ギヤモータのカタログ参照、小型ギヤヘッドは数値が小いためモータ部のみでOKです。
Jl:モータ軸に換算した被駆動装置(カップリング、ぷーりを含む)の慣性モーメント(kg・㎡)
・・・負荷装置の慣性モーメントを算出
n:モータの定常回転数(r/min)・・・60 Hz = 1800 r/min、
50 Hz = 1500 r/min、
Ta:平均加速トルク(Nm)・・・全電圧始動の場合
Ta ≒ 0.8(Ts+Tm)÷2-Tl
Ts:モータ始動トルク(Nm)
Tm:モータ最大トルク(停動トルク)(Nm)
Tl:モータ定格トルク(Nm)
・・・・・カタログ技術資料のモータ特性表参照から算出、


┏━┓
┃★┃2.制動(停止)時間の算出式
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

tB ={(Jm+Jc+Jl)× n/ 9.55 ×(TB±TR)}+tD(sec)
Jm、Jc、Jl:上記参照

TB:ブレーキ動摩擦トルク(Nm)
・・・カタログ技術資料参照

TR:負荷の反抗トルク(Nm)・・・負荷装置のモータ軸換算負荷トルク
+:負荷トルクがブレーキとして働く場合
-:負荷トルクがブレーキとして働かない場合(昇降装置の下降時等)
tD:ブレーキ動作遅れ時間(sec)
・・・カタログ技術資料普通制動回路、急制度回路によりカタログから選択します。

┏━┓
┃★┃3.主な関連算出式
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■ 負荷の慣性モーメント(J)の算出例
a)回転軸中心が重心を通る円板と長方形板 形状の回転体の場合
円板)・・・・J= 1 / 8・M・D²(kg㎡)
長方形板)・・J= 1 / 12・M(a²+b²)(kg㎡)
M:回転体質量(kg)、D:円板直径、a:長辺(m)、b:短辺(m)

b)コンベアによる水平運動の場合
J= 1 / 4・{(M₁+M₂)/ 2 + M₃ + M₄ }D²(kg㎡)
M₁:主ドラム(スプロケット)質量(kg)
M₂:従ドラム(スプロケット)質量(kg)
M₃:搬送物荷重(kg)、M₄:ベルト又チェーンの質量(kg)
D :主ドラム、スプロケット直径(m)

c)巻き上げによる昇降装置の場合
J=M₁・D²/4+M₂・D²/8(kg㎡)
M₁:上昇荷物質量(kg)、 M₂:チェーン質量(kg)
D :巻上げドラム、スプロケットの直径(m)

■ 負荷の慣性モーメント(J)をモータ軸換算慣性モーメントの算出
Jl = J(1/Z)²
Z:トータル減速比 = ギヤモータの減速比 × ギヤモータと巻き上げ軸とのスプロケット減速比

■ モータ容量と出力トルクの関係
T = 9550 × kW/n (Nm)
n:モータ定格回転数

上記計算をする時は必ず単位を合わせる事をお願いします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※ 本メールを印刷する場合は数式の上付き、下付き文字が正常に出力できない場合があります。
  ご注意ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
皆様のご希望に沿いテーマアップいたしますので是非ご意見お寄せください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
皆様のご要望に沿った情報の公開を行っております。ご希望、ご要求を
お客様相談センターへお聞かせ下さい。

※ご登録に心当たりのない場合、複数のメールが届いた方、
配信停止や配信アドレスの変更は、下記のURLより可能です。
http://www.shi.co.jp/ptc/
お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 : 住友重機械工業株式会社PTC事業部
□問い合わせ先:
http://www.shi.co.jp/ptc/
お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2012 Sumitomo Heavy Industries,Ltd. AllRights Reserved.
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
 
ページのトップへ▲