住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社


◆SSHI-Direct vol.1101/01/27◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃役に立つ実践 アプリケーション&技術情報
┃◎ Webサイトからのお知らせ
┃  └ CADダウンロードコーナのデータにアルタックスNEO
┃   屋外用ギヤモータdxfが加わりました。

┃◎ アプリケーション&技術情報
┃  └ 工場の力率改善対策 - インバータ編 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇「SHI-Directメール」は住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
  いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
  http://www.shi.co.jp/ptc/ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


昨年中は皆様にご愛顧いだだきましてありがとうございました。
本年もPTC WEBサイトをよろしくお願いいたします。
サイトでは各資料、データ、情報等を更に追加、拡大していく予定です。


■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ Webサイトからのお知らせ
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

・CADダウンロードコーナのデータに屋外用ギヤモータdxfが加わりました。
 順次追加を予定しています。

・旧製品情報コーナでは生産中止になった製品のカタログ、取説を準備して
 います。まだコーナにない機種の情報等はお問合せください。

■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ 製品情報:工場の力率改善対策
■□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

工場の電源で皆様は省エネ対策と合わせて力率改善対策を行われていると思いま す。交流モータ使用の設備では一般に各モータに力率改善コンデンサー(進相コ ンデンサー)を設けたり、大元の電源設備で自動力率改善用機器を用いたりして いると思います。

近年では交流モータをインバータ運転する設備も多くなり、工場の負荷モータ、 制御機器、その他)により個々に細かく対策をとる必要が出ています。機器の電 源部に整流回路やSCR(サイリスタ位相角制御)がある場合、入力電流波形に「 ひずみ」が生じ、このひずみの状態により、力率が変ります。
このため、波形改善を行う必要があり、具体的には2010年10月号でご紹介致しま したACL(交流リアクトル)やDCL(直流リアクトル)をインバータに接続し対応 します。
また、電源のひずみには高調波が含まれるため、力率対策に加え高調波の影響によるトラブルも考慮が必要です。

■ インバータの力率
インバータの力率は、通常の力率計による測定では誤差が大きく、正しい値を測 定できません。 この為一般には計算による方法が取られています。その計算と しては
入力力率(%)=入力電力÷(√3×入力電圧×入力電流)×100
※ 入力電流:三相平均の実効値で求めることが出来ます。

従来の測定方法では約100%を示していても、インバータ運転では60Hzで100%負荷の状態でおおよそ 70%程度で、無負荷に近い状況では50%近くまで下がって しまいます。

■ インバータの力率対策
インバータの力率改善はインバータの1次側にACLを挿入して対策する方法とインバータ本体の端子台のP1-P(DCリンク接続端子)にDCLを挿入する方法がありま す。
通常対策の効果は、ACL<DCL となる物が多くオプションで用意されています。 また、ACL+DCLを行われる事がありますがこの場合電圧降下量が多くなる為十分 に注意が必要です。
この他にも、複数台のインバータをまとめて1個のACLで対策した例を見ますが インバータの運転が常に全数にならない場合は個々にDCLを挿入することをお勧 めいたします。

注)DCLは外付けになりますが、インバータの電源回路の一部としての構成となります。
  この為、専用に電気的定数が設定されています。
  DCLは各機種用の専用オプションをご使用ください。
  また、取付位置もインバータから離れるとノイズトラブル等の要因となります。

■ インバータなどの整流負荷が発生させる高調波によるトラブル
無対策のインバータや、SCR制御機器、整流負荷の増加により、高調波成分が増 した状況下の力率改善コンデンサ等は高調波の影響により、異常加熱や劣化を起 こします。 この為、進相コンデンサーに直列リアクトルを取付けて使用されます が、原因となる高調波を軽減することが重要です。
また、この他にも高調波の増加に伴う電気機器の発熱や、力率の低下によるトラ ブルも無視できません。

以上からインバータの高調波対策としてもACLまたはDCLの取付が重要となります。
現状は、インバータにACL・DCLが取付けられていないケースは多く存在しています。
是非一度ご確認ください。

*ACLとDCLの違い、使い分けは2010年10月号でご参照ください。
 http://cyclo.shi.co.jp/newsmail/201010.html


皆様のご希望に沿いテーマアップいたしますので是非ご意見お寄せください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
皆様のご要望に沿った情報の公開を行っております。ご希望、ご要求をお客様相談センターへお聞かせ下さい。

※ご登録に心当たりのない場合、複数のメールが届いた方
 配信停止や配信アドレスの変更は、下記のURLより可能です。
 http://www.shi.co.jp/ptc/
 お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 : 住友重機械工業株式会社PTC事業部
□問い合わせ先:
 http://www.shi.co.jp/ptc/
 お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2011 Sumitomo Heavy Industries,Ltd. AllRights Reserved.
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
 
ページのトップへ▲