住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社

インバータの周辺機器の制動抵抗器、制動ユニットについて紹介いたします。

1)制動抵抗器が必要となる回生について

インバータ運転で、減速時や昇降機等での下降運転時にモータは回生動作になります。

回生とは、モータの回転数に対しインバータ出力の運転周波数が低い状態での運転でモータは電気的なブレーキがかかり、発電機と同様となり、モータからインバータへ電力が戻ってくるものです。
言い方を変えれば機械側からモータが回されている状態ともいえます。

インバータに電源回生機能(インバータの電源側へ電力を戻す機能)がない場合は、そのままではインバータ内部の電圧が上昇するため、過電圧保護機能にて減速時間を自動的に延長したり、出力遮断・エラーにて停止となります。

このような回生動作での運転を行うために必要になるものが制動抵抗器、制動ユニットになります。
インバータに戻ってきた電力を、制動抵抗器に電流を流すことで消費します。

2)制動ユニット

制動抵抗器に電流を流す制御をおこなう回路が制動回路です。
インバータ内部の直流電圧部の電圧をみて制動抵抗器の電流のオン、オフ制御を行います。

インバータの機種、容量により制動回路内蔵の有無が異なります。
内蔵されていない場合は、制動ユニットを追加することで制動抵抗器が使用できます。

   弊社インバータの制動回路の内蔵
    SF320αシリーズ :なし、HF320αシリーズをご使用ください。
    HF320αシリーズ :内蔵
    HF430シリーズ   :11KW以下の機種は内蔵

3)制動抵抗器

弊社インバータに用意しております制動抵抗器の選定表には必要制動トルク、制動時間、使用率(%ED)の仕様がありますのでお客様の使用条件をご確認ください。

   HF320αシリーズ:制動トルク100%、制動時間10秒、使用率10%ED

   HF430シリーズ :2種類あり
               制動トルク100%、制動時間7秒、使用率4%ED
               制動トルク100%、制動時間15秒、使用率10%ED

   使用率%EDについて
    運転1サイクル100秒中、制動時間10秒の場合
    10秒/100秒×100=10%ED となります

4)制動抵抗器のご使用の際の注意事項

制動抵抗器を使用の際はサーマルリレー等での加熱保護を実施してください。
ただし、制動ユニットとの組み合わせでご使用の場合は制動ユニットに内蔵のサーマルリレーをご利用できます。

制動抵抗器は回生電力を消費する際に温度上昇を伴い、高温になることがありますので、耐熱電線の使用と設置場所に注意が必要になります。

5)インバータのパラメータ設定について

インバータ内蔵の回生制動回路を使用する場合はパラメータの設定により回生制動回路の動作をさせる必要があります。 
出荷時の初期設定では動作は「なし・無効」のためそのままでは動作しません。

   弊社インバータの関連パラメータ  
    HF320α:F304 発電制動選択(「あり」 にする必要があります)
           F305 過電圧制限動作 (減速停止モード)
           F308 制動抵抗値 Ω
           F309 制動抵抗容量 KW

    HF430:b090 DBTR使用率 (1サイクル100秒中の%設定)
          b095 DBTR選択  (「有効」にする必要があります)
          b096 DBTRオンレベル (直流電圧レベル)

          DBTR:ダイナミックブレーキ・トランジスタ
               制動回路のスイッチング素子   


   注) 10%を越えるような回生制動が必要な場合はご照会下さい。

□この他に、回生制動を必要とするアプリケーションがあります。

例えば、偏心運動する構造の機械(クランク機構など)や、重心がずれている(回転重心のズレ)、慣性モーメントの大きな機械で減速時間を短縮したい場合、ロール機械での急停止用など沢山あります。
このようなアプリケーションで回生制動機能が無い場合、インバータは「OV:過電圧エラー」の発生を起こすことがあります。



アプリケーションのお問合せ等は 「お客様相談センター」までご照会ください。

キーワードで探す