住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社


◆SHI-Direct◆ 役に立つ実践 アプリケーション&技術情報!

  SHI-Direct vol. 902    2009/02/25
 

    2月 Webサイト 新着情報
         旧品情報コーナのご紹介


    技術情報
         住友のギヤモータに使用されている「モータ講座」(3)
         モータの負荷と電流値


        
                       http://www.shi.co.jp/ptc/
                       Sumitomo Drive Technologies




 

  ■PTC Webサイトからのご紹介

    <旧品情報のご紹介>

    PTC Webサイトの旧品情報コーナでは皆様に長年ご利用頂いております
    サイクロ減速機等の製品で現行品以前のものにつきまして、発売当時の
    カタログ、取説をダウンロード用としてご用意しております。

    製品の情報、当時の取説でメンテナンス、情報確認や、設備更新時の
    選定情報としてご利用ください。
    また、今後旧品カタログ、取説等を順次追加予定しております。
    注)潤滑油は旧取説記載のものから内容が変わって来ている物があります
    最新の取説と合わせてメンテナンス用としてください。 


    <ギヤモータ簡単選定機能のご紹介>

    ◆ ギヤモータを簡単に選定したい! 
    ギヤモータ簡単選定機能は「電圧」、「kW」、「減速比」、
    「取付タイプ」で機種の型式など関係なく選定ができます。

    ◆ 選定結果をデータシートとして利用たい! 
    選定結果で「詳細」をクリックして頂きますとデータシートとして
    モータの詳細仕様、電流値、寸法など表示され印刷もできて便利です
    是非ご活用ください。
     

   ■技術情報
   
    住友のギヤモータに使用されている「モータ講座」

    --- ギアモータに使用しているモータについて 3 ---

    モータの電流値についてのお問合せを多くいただきます。
    今回、負荷と電流値の関係についてご紹介いたします。

    <モータの負荷と電流値について>

    弊社製品をご使用のお客様から、
    小容量のモータを運転する際、ギヤモータ単体や機械に取付けて
    負荷がかかっていないのに電流値が大きい。モータの異常では
    ないか。とのお問合せを受けることがあります。
    モータ電流値と負荷量を考えるにあたっては、
    ご使用されるモータの特性を把握する必要が有ります。
    モータの容量によって負荷-電流特性の傾向が変わります。
    商用電源での運転を基にご紹介します。
       ここでは、小容量のモータは0.1kW~2.2kWとして扱います。
    (3.7kWも若干傾向が残ります。)

   1.比較的大きな容量(5.5kW以上)のモータの特性
     モータの無負荷電流と定格電流の差が大きく、
     負荷が大きくなるほどモータの電流も顕著に増えます。

     参考)
     標準モータ 22kW 4P 3相200V 60Hz 
       定格電流77.7A  無負荷電流16.6A  (差は約4.7倍)

   2.小容量のモータでの特性
     無負荷時の電流値が大きく定格負荷時の電流値(定格電流値)
     との差が少ないため、負荷が大きくなっても電流の増加は少ない
     特性になっています。 
   

     参考)
     標準モータ 0.1kW 4P 3相200V 60Hz
       定格電流0.60A  無負荷電流0.44A   (差は約1.4倍)

    
   3.モータにかかる負荷の見当につて
     お客様には製作仕様書と共に電動機試験成績書(テストレポート)
     を提出しております。その中に記載の負荷特性データをご利用ください。
     定格電流値、無負荷試験での電流値の他、負荷率25%刻みでの
     電流値、効率、力率も記載しております。

     (ご注意いただきたいこと)
     電動機試験成績書はモータ単体での値になっております。
     ギアモータをご使用の場合、モータ直結の減速機の損失がありますので、
     この点ご留意ください。

    誘導電動機の電流特性はメーカや種類により多少の差は有りますが
    モータの傾向として似た特性となります。
    この他にも、高効率モータ、インバータ用モータなどが有りますが、
    容量の特性としては同様な傾向があります。


   ◎インバータ運転用モータ(住友:AFモータ 型式はAV)の特性
 
    インバータ用モータの小容量(例:0.2kW)の場合、6Hz運転で負荷が
    少ない場合の電流値は、60Hzの運転時の100%負荷の値より大きくなる
    場合が有ります。 また、6Hzの運転で更に詳しく見ると負荷率が50%以下の
    場合、定格電流値より大きくなります。
    モータ特性としてこの様な物もあり、モータの試験成績表をご確認いただき
    ますようお願いいたします。 

    AFモータ:インバータ運転時1:10(6~60Hz)の変速範囲で定トルクの
          連続運転を行う用途に使用されます。
          


   <小容量のモータの負荷率の推定>
  
    先に記載しましたが、モータ電流値から負荷率を推定することが難しい場合、
    モータのスリップ(モータのすべりの値)を計測しすべりの回転数から
    負荷率を推定できます。
     誘導モータはすべりの値と負荷率はほぼ比例しおり、有効な手段です。
    この場合、モータのファンカバー部分からモータ軸の回転数を直接
    デジタルタコメータ等で計測可能です。    


    ------ 次回は最も注目の高い高効率モータをテーマに致します-------
   




     *********************************************************

     インバータでの三相誘導モータの運転に関してはPTC Webサイトの
     「メールマガジン バックナンバー」コーナをご覧ください。 

     *********************************************************


  皆様のご希望に沿いテーマアップいたしますので是非ご意見お寄せください。
___________________________________    
                           
 
   このメールは、住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
   いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
   皆様のご要望に沿った情報の公開を行っております。ご希望、ご要求を
   お客様相談センターへお聞かせ下さい。 
              
   ※ご登録に心当たりのない場合、複数のメールが届いた方、
     配信停止や配信アドレスの変更は、下記のURLより可能です。

      http://www.shi.co.jp/ptc/
      お問い合わせ窓口からご連絡ください。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  □発行 : 住友重機械工業株式会社PTC事業部
  □問い合わせ先:
        http://www.shi.co.jp/ptc/
      お問い合わせ窓口からご連絡ください。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright (C) 2009 Sumitomo Heavy Industries,Ltd. AllRights Reserved.
  記載された内容は予告することなく変更することがあります。
  本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

 
ページのトップへ▲