住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社


◆SHI-Direct◆ 役に立つ実践 アプリケーション&技術情報!

  SHI-Direct vol. 901    2009/01/30
 

    1月 Webサイト 新着情報
         新・旧製品 カタログ ダウンロードコーナに追加しました。
         小形ギヤモータに関してのお知らせ(RoHS指令対応に関して)


    技術情報
         住友のギヤモータに使用されている「モータ講座」(2)


        
                       http://www.shi.co.jp/ptc/
                       Sumitomo Drive Technologies




 

 ■PTC Webサイトからのお知らせ
   
   <新製品情報>

   1.PX9000 クレーン用カタログ がカタログダウンロードコーナに加わりました。
    長芯間タイプの巻上げ・起伏用と横行・走行用、2軸クレーン用をラインアップ
    豊富な機種からお選びいただけます。

   2.PX9000 1段型シリーズ がカタログダウンロードコーナに加わりました。
     減速比 1/1.25~1/5 の低減速比用途用

    
   <旧品情報>

   1.サイクロの旧機種80#シリーズ、50#シリーズカタログ、取説が加わりました。
   2.トルクリミッタ付きサイクロ200#シリーズカタログが加わりました。

   旧機種の更新、メンテナンスなどのご確認用としてご活用いただけます。
   今後も皆様にご利用いただいております製品の情報を順次公開いたします。 


   <小形ギヤモータに関してのお知らせ>

   ハイポニックギヤモータ・プレストNEO・アルタックスNEO・アステロギヤモータの
   RoHS指令対応のお知らせ!
 
   国内仕様の屋内、屋外機種とそのブレーキ付、ブレーキなし機種は標準対応
   になります。 2007年版カタログ記載の仕様記号と合わせて製品型式を
   ご指示いただくだけで標準でRoHS指令対応品をお届けさせていただきます。
   また、その他のギヤモータも対応可能です。都度ご照会ください。

  ■技術情報

   住友のギヤモータに使用されている「モータ講座」
 
    --- ギアモータに使用しているモータについて 2 ---
 
    「モータ講座」では、三相モータの中でインバータモータ、高効率モータ、
    安全増防爆型モータ、耐圧防爆形モータについてご紹介いたします。
    今回はインバータモータと標準モータの違いや注意点を紹介いたします。
 
    <インバータモータと標準モータ>

     三相モータの標準モータでは電源周波数により回転数が決まります。
     4P(極)モータの同期回転数は50Hzは1500r/min、60Hzは1800r/min
     インバータはこの周波数を変えることでモータ回転数を変速します。
 
     全閉外扇型の標準モータはモータ軸のファンで冷却しており、
     インバータで回転数を下げた場合、冷却風量が減少し冷却効果が
     下がります。このため連続運転時のトルクを低減させる必要があります。
     20-30Hzで80-90%トルク、6Hzで40-60%トルクに低減となります。
 
     インバータモータでは1:10の変速範囲(6-60Hz)で連続運転トルクを
     低減することなく定トルクにてご使用いただけます。
 
     なお、標準モータでも弊社インバータでセンサレスモード運転をすること
     により連続運転時の運転可能なトルクの制限(%)があがり、
     定トルク範囲が改善されます。
     ・0.1-0.4kwは6-60Hzでの定トルク運転可能
     ・0.75-22kwは20-60Hzでの定トルク運転可能
     
     *現行機種の センサレスベクトルインバータは HF-320α、
      HF-430シリーズになります。
      出荷設定では V/fモードになっておりますのでご注意ください。
        
  
     <高速運転をする場合>
       基底周波数(60Hz)を超える高速運転をする場合は定出力の
     特性となりますので、トルクは周波数に反比例して減少します。
     例えば120Hzではトルクは50%弱になります。
      60Hz以上の回転域をご使用いただく場合は余裕を持った
     容量の選定を推奨いたします。 
      なお、減速機により可能な高速回転数に制限がある場合があります
     ので組合せ減速機の最高許容回転数のご確認をお願いいたします。
     

     <ご使用地の電源周波数について>    
     インバータモータの基底周波数は標準仕様を60Hzとしております。
     電源周波数50Hz地域でのご使用でもインバータにて周波数をコン
     トロールしますのでそのままご使用になれます。
 
     <400V級の注意点>
     また、インバータでモータを運転する場合、モータ端子部分でマイクロ
     サージ電圧と呼ばれるサージ電圧が誘起されます。
     400V級の場合には電圧が高いため、モータ巻線部分には特別に絶縁
     強化が必要になりますが、インバータモータには標準で施工されており
     ます。
 
     400V級の標準モータをインバータ駆動される場合には「インバータ駆
     動用絶縁強化仕様」をご指示ください。なお、200V級では電圧が低い
     ため必要ありません。

     *********************************************************

     インバータでの三相誘導モータの運転に関してはPTC Webサイトの
     「メールマガジン バックナンバー」コーナをご覧ください。 

     *********************************************************


  皆様のご希望に沿いテーマアップいたしますので是非ご意見お寄せください。
___________________________________    
                           
 
   このメールは、住友重機械工業/PTC事業部のホームページにユーザ登録
   いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
   皆様のご要望に沿った情報の公開を行っております。ご希望、ご要求を
   お客様相談センターへお聞かせ下さい。 
              
   ※ご登録に心当たりのない場合、複数のメールが届いた方、
     配信停止や配信アドレスの変更は、下記のURLより可能です。

      http://www.shi.co.jp/ptc/
      お問い合わせ窓口からご連絡ください。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  □発行 : 住友重機械工業株式会社PTC事業部
  □問い合わせ先:
        http://www.shi.co.jp/ptc/
      お問い合わせ窓口からご連絡ください。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright (C) 2009 Sumitomo Heavy Industries,Ltd. AllRights Reserved.
  記載された内容は予告することなく変更することがあります。
  本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

 
ページのトップへ▲