住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社

工場設備や機械に取り付けられているモータ&ギヤモータの省エネ対策として、インバータによる運転が採り入れられて省エネ対策もかなり進んで来ていると思います。 また一部のモータに高効率モータを採用した設備もあり、モータ関係の対策についてはご存知の方も多いと思います。

今回、メールでのご紹介は以前にも取上げた高効率モータです。
モータの効率は、モータの容量や、モーター設計時の特性の考え方により変ります。
一般的には、モータの容量が大きくなるにつれ効率は高くなります。

例えば 0.2kW~37kW までの範囲で、定格負荷の条件では汎用モータの効率は容量が大ききなるに従い70%以下から90%強へと変化します。
また変化する効率を容量ごとに比較した場合、特に小形モータでは効率の差が大きくなります。
当社製品比較では、高効率の差が 5%程度となります。

例として 2.2kW の三相誘導モータで考えた場合

■高効率モータと標準モータの差が定格負荷運転時で 4%の場合

■年間運転時間:4000時間 、台数:1台、 電力料金:16円/kWh


(100/83.0-100/87.0)×2.2kW×1×4000h×16≒7800 円

1年間 1台で ¥7,800- 

高効率モータにより電力代の削減ができます。 
台数が多い場合かなりの効果が期待できます。

また年間の電力節約から見ると

(100/83.0-100/87.0)×2.2kW×1×4000h≒488 kWh/年

年間のCO2削減量は!

488 kWh/年 × 0.368kg/kWh ≒179.5kg/年 

2.2kWでモータ容量が少ないように思えても1台でこのように大きな効果を生み出します。

またインバータの運転も同様に定格負荷で運転周波数を変更したことでの効果をおおよそで考えると!   

■インバータ運転での周波数(速度):30Hz

■年間運転時間:4000時間 、台数:1台、 電力料金:16円/kWh


2.2kW×(30/60Hz)×1×4000h×16≒70,400 円

1年間 1台で ¥70,400 電力代削減となります

また年間の電力節約から見ると

2.2kW×(30/60Hz)×1×4000h≒4,400 kWh/年

年間のCO2削減量は!

4,400 kWh/年 × 0.368kg/kWh ≒1,619kg/年 

以上から、CO2の削減にも有効な手段です。


*1.電力料金:お客様のご契約されている料金で計算いただくようになります。

*2.効率はモータの負荷率により変ります。大まかな傾向として負荷率が低くなると効率は低下する傾向にあります

キーワードで探す