住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社


◆SHI-Direct◆ 役に立つ実践 アプリケーション&技術情報!

  SHI-Direct vol. 706    2007/06/22
 

    6月 Webサイト 新着情報
         ■Webサイトからのお知らせ
          6月27日(水)~29日(金) 「機械要素展」に出展いたします。


    技術情報
         インバータの電気ブレーキ(回生制動)


    Webサイト メンテナンス スケジュールのお知らせ
         PTC Webサイトでは 7月14(土)~7月17(火)サーバの
         メンテナンスをおこないます。
         ご迷惑をおかけいたします。よろしくお願いいたします。


        
                       http://www.shi.co.jp/ptc/
                       Sumitomo Drive Technologies




 

今はすっかり元気ですが、三月に階段から落ちてから、しばらく
松葉杖で過ごしました。思いのほか難しい上に慣れないせいもあり、
ひどい全身疲労になりました。
 そんな時にあこがれていた電動車椅子が、弊社製品の使用例として
機械要素技術展で出展されると聞きました。是非行って乗ってみたいと
思っています。 
 
 

 ◆ 新着情報 ◆  

  ■Webサイトからのご案内 

  6月27日(火)~28日(金)に東京ビックサイトで開催されます
  2007年機械要素展に出展いたします。

  出展ブース 東6ホール 30-34 住友重機械工業

  ・技術相談コーナー(弊社ブース内)
  「コンパクトな減速機がほしい」、「高速回転で使用したい」、
  「油圧から電動化を図りたい」、「精密制御をおこないたい」
  といったお客さまのご相談に、弊社設計技術者がお答えします。

  日頃、疑問に感じていらっしゃることをどしどしご相談ください。
 
  相談コーナーの予約サイトはこちら
        http://app.cyclodrive.com/appoint

  ・主な出展製品
  数ワットの小型ギヤモータから数千kWの大型ギヤボックス、
  精密制御用減速機、カップリングなど、
  Sumitomo Drive Technologiesグループの製品群が勢揃いします。
   また、減速機が実際に使われているアプリケーションとして
  攪拌機、電動車椅子、バルブ、マグネットセパレータなど
  も展示いたします。
  
  皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 *招待状ご希望の方はご連絡ください。

 ------------------------------------------------------------------------

  ◆ 技術情報  ◆

   <<インバータの電気ブレーキ>>

   2回にわたりメカブレーキをテーマにしましたが、今回はインバータ
  使用時の電気ブレーキ(抵抗回生ブレーキ)をご紹介します。

  インバータ運転時の電気ブレーキには大きく分けて2種類有ります。

  1.抵抗回生ブレーキ(回生制動)
    減速時に有効なブレーキ機能で停止時間を短縮することが
    できます。

  2.DCブレーキ(直流制動)

    インバータ運転時の停止極低速域(例:3Hz以下の速度域)などでは
    モータ回転が流れてしまい「ピッタリ停止」しないことがあります
    この様な場合DCブレーキを使うことで解消できます

  
  ***** インバータの電気ブレーキはどの様なものでしょうか!*****

  ◆インバータの抵抗回生制動とは?

   インバータの電気ブレーキはほとんどのものがブレーキトルクとして
   約15~20%を使用できます。 このレベルでも十分にブレーキ機能を活用
   できるアプリケーションも多いと思いますが、20%を越え、本格的に
   電気ブレーキを使う場合、カタログの仕様に「回生制動、発電制動等」
   の機能を搭載したものを選定します

   インバータ運転の回生制動(抵抗器回生制動)は減速時や昇降機の下降
   などに働き、この回生制動が働いている場合モータは発電機となっています
    
    インバータの運転周波数<モータの回転数 の場合
   

   この時発電された電力はインバータに戻ってきます。  
    このインバータ内部のDCリンク部(直流電源部)に戻ってきた電力で
   DCリンク電圧が上昇し、そのまま上昇を続けると減速中過電圧検出し
   インバータ保護のため減速時間を長くなるようコントロールされます
   更に電圧上昇するとトリップします。
    このDCリンク部に戻ってきた電力を回生ブレーキ用抵抗器(DBR)を使い
   熱エネルギーとして消費させることで大きな回生制動を得ます。
   また、このDBRの動作をコントロールする機能を内蔵しているインバータ
   がHF-320αシリーズ、HF-430シリーズです。
    *HF-430シリーズの15kW以上は回生制動ユニット&DBRは別置きの
     オプションになります。

  ◆DCブレーキとは? 
  
   このDCブレーキはインバータ運転時、停止間際でモータ回転が「流れる
   ような状態」をモータ軸を瞬間的にロックしてブレーキをかけ
   ピッタリと止めることができます。
    これは三相誘導電動機に直流電流を流し回転子で電力を消費させる
   制動方式で制動力は約20%程度です。
   

  ***** インバータの抵抗回生制動アプリケーション *****

  ◆前月まで機械式ブレーキについて取り上げましたが、インバータの
   回生制動は大きなメリットを加えられます。

    メカブレーキで停止する場合、高速からいきなりブレーキがかかり
   機械系にその影響がでる場合があります。また、これを避けるため
   モータをフリーランにして惰性で停止する方法もありますが、
   この場合、負荷状態により停止時間にバラツキが出て使いづらい事
   も有ります
    この様な場合、インバータの回生制動を利用することで、スムーズに
   低速域まで減速させその後メカブレーキで停止をかけ機械系に停止時の
   ショックを与えません。更に最新のインバータは減速カーブのタイプも
   複数搭載しており、S字カーブなどの加減速カーブや減速時間の
   切替モード搭載のものなど豊富にそろっています。

    特にセンサレスベクトル制御インバータでは負荷の多少に関係なく
   速度制御的な運転ができますが、このタイプと組み合わせることで
   常に安定した加減速時間と低速域での運転速度の再現性と安定性
   が得られ、生産、搬送等に用いることで品質と生産タイムの
   品質を上げることができます。

    代表的なアプリケーションとしては、昇降機械、台車、等が有りますが
   昇降機械は下降時のブレーキングモードで、台車は停止時の減速モードに
   また、慣性モーメントの大きな機械への減速時間の短縮用途などがあります。
   
   

   ***** 既設のインバータを更新する場合の注意点 *****

    抵抗回生制動を利用していたインバータの更新について


   旧機種の回生制動機能搭載タイプのインバータは小容量では
   回生ブレーキ用抵抗器用制御回路とDBRが搭載されている場合が多く、
   容量の大きいインバータでは回生ブレーキ用コントロールユニットは
   外部取付のオプションになります。

    シリーズが新しくなるにつれ、回生ブレーキ用の抵抗は外部取り付けで
   オプションになっています。

   注)以前のインバータではインバータに回生ブレーキ用の抵抗が内蔵
     されていたものがありました。(例AF-500シリーズ等)
     最近のインバータは従来の機種より小型化され回生ブレーキ用抵抗器
     が外部取付になっています
      この為設備更新等で既設のインバータを置き換える場合は
     回生制動を使用している場合DBR(オプション)の別置き取付が必要です。
     また、この場合DBRの仕様についてはご照会ください。

 


 ******************************************************************
   
 皆様のご希望にそいテーマアップいたしますので是非ご意見お寄せください。

 ___________________________________                                


 このメールは、住友重機械工業/PTC事業本部のホームページにユーザ登録
 いただいたお客様にお送りするメールマガジンです。
 皆様のご要望に沿った情報の公開を行っております。ご希望、ご要求を
 お客様相談センターへお聞かせ下さい。 

 ユーザ登録がまだの方はぜひご登録くださるようお願いいたします。                  
 ※ご登録に心当たりのない場合、複数のメールが届いた方、
   配信停止や配信アドレスの変更は、下記のURLより可能です。

 http://www.shi.co.jp/ptc/
 お問い合わせ窓口からご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行 : 住友重機械工業株式会社PTC事業本部
□問い合わせ先:
 http://www.shi.co.jp/ptc/
お問い合わせ窓口からご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyright (C) 2007 Sumitomo Heavy Industries,Ltd. All Rights Reserved.
 記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。

 
ページのトップへ▲