住友重機械工業株式会社 PTC事業部

PTCワールドワイド 住友重機械工業株式会社

前回、ギヤモータのカタログに記載されている「SF」という数値についてご説明しました。
今回は、もう少し深い内容についてご説明いたします。

1.SFが1より小さい!これって壊れるの?

決してそういうわけではありません。まず、弊社では、「均一負荷の状態で1日あたり10時間※の運転」という条件を「負荷係数1」と定め、この条件での強度が必要十分な状態を「SF=1」としています。
「均一負荷の状態で1日あたり10時間」よりも条件がゆるい場合は、負荷係数が1より小さくてもよく、例えば均一荷重で1日あたり3時間の運転では、負荷係数は0.8であり、その場合はギヤモータのSFは0.8以上あればよいということになります。

※起動・停止がある場合は、その回数を1時間あたり10回以下とし、慣性モーメント比を0.3以下とします。
詳しくは、サイクロ減速機カタログの「負荷係数について」をご参照下さい。

2.カタログの「SF」欄に数値がない、何か記号が付いている機種は?

サイクロ減速機のカタログで説明しますと、「SF」の欄に数値ではなく印がついているものがあります。
注釈には「出力トルクの範囲内でお使い下さい。」とあります。
これは、モータ出力100%の負荷で使用した場合は強度が足りませんが、カタログ記載の「出力トルク」を許容値とし、それ以下で使用するという条件では問題ない、という機種です。
減速機の許容出力トルクよりも大きい出力のモータが付いている理由は、起動時に必要なトルクを確保するためです。

3.カタログに「SF」が書かれていない機種はどうなっているの?

・ハイポニックギヤモータ、アルタックスαギヤモータは、ほぼSF=1となるよう、モータとギヤを組み合わせています
(一部、前述の『2.』のように出力トルクを制限する組合せがあります)。
・アステロギヤモータは、モータ出力ではなく、ギヤの許容トルクによって選定してください。


SFに関する説明は以上です。お分かりいただけましたか?

 **********************************************************

ギヤモータのSFについて2回にわたり記載いたしましたが如何だったでしょうか?

ここでワンポイント!

運転中にピーク負荷が発生するような機械にギヤモータのSFを負荷特性に合わせて大きくし更にインバータで運転を計画する場合皆さんはどうされますか?
一般的な緩やかな負荷変動に対してのインバータの耐負荷特性は最新のインバータではかなりの率で支障なく運転できますが、運転中の急峻に負荷がかかったり、カム機構等を含み、且つフライホイル機構の無いような場合には運転状況により通常のインバータ選定ではトラブルが生じることが有ります。
この様な場合、インバータにも「SF」を考慮し、1ランク上の容量を選定するほうが良い場合があります。
SFは機械の負荷特性を検討・考慮することであり、ギヤモータ、インバータ、周辺機器等の総合的な設計を行うことになります。
計画、検討や選定時に?が生じた場合、是非御照会ください。

キーワードで探す