TOP > 動力技術計算 >走行台車の場合
  起動頻度が多い場合は、カタログ記載の負荷係数を考慮し選定ください。
カタログ記載の負荷係数はこちら
    走行台車の場合
 
  1.装置概要
    ①搬送物総質量
  W= kg
    ②台車の総質量
  B= kg
    ③車輪径
  D= mm
    ④搬送の為の摩擦抵抗(走行抵抗)
  (機械に合わせて数値を入力下さい)
  μ=
(参考目安値) μ=0.1 ~ 0.3
    ・連結方式の選択
     スプロケットまたはギヤの場合
    ⑤スプロケットまたはギヤのP.C.D
  P1= mm
    ⑥スプロケットまたはギヤのP.C.D
  P2= mm
     カップリング等、軸直結の場合
  (P1,P2=1)
     
  2.モータ回転数の決定
    ①モータ回転数
  N= r/min
        商用電源で 4Pモータ,電源50Hz の場合   1500 r/min
    商用電源で 4Pモータ,電源60Hz の場合   1800 r/min
    商用電源で 6Pモータ,電源50Hz の場合   1000 r/min
    商用電源で 6Pモータ,電源60Hz の場合   1200 r/min
    インバータ制御で駆動する場合は, 1800 r/min を基準とします.



  3.スピードと減速比の決定
    ①スピードが決定している場合の減速比の計算
     V=  m/min
 
     Z=π×D×N×P2/(1000×P1×V)
 
   
 
 
    ②減速比が決定している場合(直接入力してください)
    Z=
 
    V=π×D×N×P2/(1000×P1×Z)  
   
 
    適切な減速比がない場合は,P1,P2を 調整して下さい.そして,減速比を決定して, 3-②項に値を入力して下さい.



  4.負荷トルク(モータ軸換算)の算出
    ①負荷トルク(モータ軸換算)
  Tf=(W+B)×g×μ×D×P2/(2000×P1×Z×ηc×ηg)
   
 
      ただし, 減速機の効率ηc =
            (参考目安値)サイクロ1段形:ηc=0.9
                            2段形:ηc=0.8
                            ハイポニック:ηc=0.85
                スプロケットまたはギヤの効率ηg =
            (参考目安値)ηg=0.9 ,軸直結の場合は ηg=1


    ②負荷トルク Tf をモータ容量 Pf に換算
   Pf=Tf×N/9550
   
 
  5.負荷慣性モーメントの算出
    ①搬送物および台車の慣性モーメント(モータ軸換算)
  JW=((W+B)/4)×(D×P2)2/(1000×P1×Z)2
   
 
    スプロケット、ドラム、ギヤ等の質量がわかっている場合


    ②スプロケットまたはギヤ P1 の慣性モーメント(モータ軸換算)
  Jp1=(Wp1/8)×(P1×P2)2/(1000×P1×Z)2
   
 
    ただし, スプロケットまたはギヤの総質量  Wp1 =  kg   を入力して下さい.


    ③スプロケットまたはギヤ P2 の慣性モーメント(モータ軸換算)
  Jp2=(Wp2/8)×P22/(1000×Z)2
   
 
      ただし, スプロケットまたはギヤの総質量  Wp2 =  kg   を入力して下さい.


    スプロケット、ドラム、ギヤ等の質量が不明の場合,①項の値の20%と仮定します.


    TOTAL負荷慣性モーメント(モータ軸換算) Jf 
  Jf=JW+Jp1+Jp2 もしくは JW+JW×0.2
   
 
  6.モータの仮選定
    ※ モータ容量は4②(Pf)より大きい数値を選んでください
    モータ容量    kW ×      ブレーキ  無  
    汎用モータ    インバータ用モータ
    汎用モータであれば、下の科目を決めてください
     商用電源の場合
     (下記より電源を指定して下さい.) 
        三相 200V 50Hz
    三相 200V 60Hz
    三相 220V 60Hz
    三相 400V 50Hz
    三相 400V 60Hz
    三相 440V 60Hz
  単相 100V 50Hz
  単相 100V 60Hz
  単相 200V 50Hz
  単相 200V 60Hz
  単相レバーシブル 100V 50Hz
  単相レバーシブル 100V 60Hz
     インバータ制御の場合(センサレスインバータ運転)
  7.運転パターン  
    商用電源の場合
    A=  sec
    B=  sec
    インバータ制御の場合
    C=  sec
    D=  sec
    E=  sec
    B=  sec

              

  著作権表示 著作権表示 個人保護方針 利用上のご注意 著作権表示